くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

将棋

【悲報】今14歳で将棋盛り上がってるけど将棋プロって将棋だけで食べてるの?

1: 2017/05/03(水) 08:18:52.042 ID:XyerIPZ/K
将棋って日本だけの狭い世界だけどそんな食えるくらい賞金出るの?
将棋プロって何?自称プロのパチプロの無職と同じじゃん
続きを読む

藤井聡太四段がデビュー15連勝!金井六段を破り記録再び更新

1: 2017/05/01(月) 21:14:37.91 ID:CAP_USER9
 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が1日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第30期竜王戦6組ランキング戦準決勝で金井恒太六段(30)に勝ち、デビュー以降15連勝として自身が樹立した最多記録を再び更新した。

 「神の子」が再び勝った。金井六段は本筋を追求する正統派タイプの棋士。デビュー2年目に11連勝を記録して将棋大賞連勝賞を受賞した実力者だったが、一方的に攻め倒した。

 藤井四段は棋士養成機関「奨励会」に在籍していた昨年10月、14歳2か月で四段(棋士)昇段を果たし、現役最高齢棋士の加藤一二三九段(77)が保持していた14歳7か月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。その後、10連勝が過去最多だったデビュー後連勝記録を更新。非公式戦でも羽生善治3冠(46)から勝利を収めるなど、驚異的な勢いで勝ち続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000184-sph-soci
続きを読む

<史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段>羽生善治3冠(王位、王座、棋聖)に勝利!

1: 2017/04/23(日) 23:19:57.62 ID:CAP_USER9
 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。

 対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統。藤井は真剣勝負で羽生を負かしてみせた。

 藤井は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始め、10歳で棋士養成機関「奨励会」に入会した。16年10月に14歳2か月で四段(棋士)昇段を果たし、現役最高齢棋士の加藤一二三九段(77)が保持していた14歳7か月の最年少記録を62年ぶりに更新。加藤、谷川浩司九段(54)、羽生、渡辺明竜王(32)=棋王=に続く5人目の「中学生棋士」となった。

 昨年10月のデビュー以降、10連勝が過去最長だった「デビュー後連勝記録」を更新し、現在13連勝まで伸ばしている。並行して戦ってきた「炎の七番勝負」では第2局で永瀬拓矢六段(24)に敗れたものの、増田康宏四段(19)、斎藤慎太郎七段(24)、中村太地六段(28)、深浦康市九段(45)、佐藤康光九段(47)=連盟会長=ら各世代を代表する棋士に勝利。通算6勝1敗で締めくくった。

スポーツ報知 4/23(日) 23:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000258-sph-soci
続きを読む

藤井四段、デビュー以来負けなしの13連勝で新人連勝記録を更新

1: 2017/04/17(月) 16:05:53.93 ID:8m04ZUpO0
続きを読む

「お、将棋のライトノベルか。ちょっと読んでみるかな」ペラッ

1: 2017/04/11(火) 14:27:42.88 ID:9pD3Yw1k0
ひえっ・・・
no title
続きを読む

桂馬ってヘソに置かれたら両乳首は助からないよね

1: 2017/04/13(木) 16:21:23.37 ID:MAnGLfk1d
王手飛車取りより厳しくね?
続きを読む

将棋連盟理事選に森内九段と清水女流六段が立候補

1: 2017/04/10(月) 19:40:15.73 ID:CAP_USER9
将棋の森内俊之九段(46)と清水市代女流六段(48)らが10日、5月下旬開催の日本将棋連盟・通常棋士総会で行われる理事選挙への立候補を連盟に届け出た。

1987年に四段(棋士)となった森内九段は奨励会(棋士養成機関)同期の佐藤康光会長(47)や羽生善治3冠(46)とともに一時代を築き、名人8期などタイトル12期を獲得している十八世名人資格保持者。先月、名人を目指す順位戦への参加資格のない「フリークラス」への転出を宣言した。

清水女流六段は1985年のデビューから現在に至るまで女流棋界のトップに君臨し、史上最多のタイトル獲得43期を誇る。現在、女流棋士会会長を務めている。当選すれば女流棋士として史上初の常務理事となる。

選挙によって選出される常務理事の枠は7。10日夕方の時点で、関東では森内九段、森下卓九段(50)、清水女流六段、田中寅彦九段、鈴木大介九段(42)、関西では小林健二九段(60)、脇謙二八段(56)が立候補を届け出た=いずれも届け出順=。立候補は11日まで受け付けられる。

将棋連盟は、棋士が対局中にコンピューターソフトを不正に使用したとする騒動での対応を巡り、1月に谷川浩司前会長(54)ら2理事が辞任。佐藤新会長が就任した後、一部の棋士が他の理事5人の解任を請求し、投票により3理事が解任された。

ソース/スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20170410-OHT1T50166.html
続きを読む

【悲報】森内18世名人有資格者、順位戦引退

1: 2017/04/01(土) 04:49:29.46 ID:LVOMMkgJ0USO
一個上の佐藤が会長やりながら頑張ってるのにもう余生に入るってどういうことだよ……
続きを読む

森内九段がA級降格により順位戦引退 フーリークラスへ転出

1: 2017/03/31(金) 17:23:31.75 ID:CAP_USER9
2017年度からのフリークラス転出者は以下のとおりです。

森内 俊之 九段
土佐 浩司 八段
浦野 真彦 八段

森内九段のコメントこの度、フリークラスに転出することに致しました。
平成28年度のA級順位戦で降級となったことを受けて出した結論です。
順位戦での歴代連勝記録更新や、名人戦での数多くの対局など、思い出深い経験を沢山させていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は、その経験を生かして、対局者とは別の立場で順位戦・名人戦を盛り上げていければと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
日本将棋連盟 棋士 森内俊之

ソース/日本将棋連盟
https://www.shogi.or.jp/news/2017/03/2017.html
続きを読む

三浦弘行九段(ソフト不正疑惑の潔白・証明済)が、復帰後4連敗! 竜王1組・陥落決定!

1: 2017/03/24(金) 10:20:57.62 ID:CAP_USER9
三浦弘行九段    no title



3月23日(木曜日)
竜王戦1組・5位決定トーナメント 携帯中継
三浦弘行 ●-○ 豊島将之 (千日手指し直し局)

三浦が2組へ降級

   【第30期竜王戦 1組5位決定戦】
┌───────────────┐
│           1組 5位            │
│      ┌───┴───┐      │
│      │              │      │
│  ┌─┴─┐      ┌─┴─┐  │
│  │      豊      阿      高  │
│┌┴┐  ┏島┐  ┌久┓  ┏橋┐│
││  │  ┃  │  │津┃  ┃  ││
├┴┬┴┬┸┬┴┬┴┬┸┬┸┬┴┤
│○│○│○│▼│▼│○│○│▼│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│山│藤│豊│三│深│阿│高│佐│
│崎│井│島│浦│浦│久│橋│藤│
│隆│  │将│弘│康│津│道│天│
│之│猛│之│行│市│主│雄│彦│
│  │  │  │  │  │税│  │  │
│八│九│八│九│九│八│九│名│
│段│段│段│段│段│段│段│人│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
続きを読む

三浦弘行九段(ソフト使用疑惑の潔白が証明済)が、復帰後3連敗!

1: 2017/03/18(土) 02:10:49.16 ID:CAP_USER9
3月17日(金)
棋聖戦決勝トーナメント     木村一基  三浦弘行  千日手
                 ○木村一基  三浦弘行  ●

三浦弘行九段    no title
続きを読む

将棋教室がブームの兆し 「負けることで心が強くなる」

1: 2017/03/13(月) 17:27:39.83 ID:CAP_USER9
将棋教室がブームの兆し 「負けることで心が強くなる」
https://dot.asahi.com/aera/2017031000023.html?page=1
(全文は●ソース先●を見て下さい)

ここは日本将棋連盟のプロ棋士六段の高野秀行さん(44)が主宰する「経堂こども将棋教室」。
教室では、15級からスタートして、教室での対局の勝数や実力に応じて最上級の初段まで昇級していく仕組みだ。
現在1級の川上くん(10)は、幼稚園の年中から将棋を始め、年長からこの教室に通い始めた。
「昇級したときが嬉しい。教室や大会で、いろんな人たちと話して仲良くなれるのがおもしろい」と話す。
高野さんは、8年前から教室で子どもたちに将棋を教えるようになった。プロを目指すというより、将棋の楽しさを学んだり、礼儀を身につけてほしいという。
「子どもによってこうしたいという気持ちは違います。こっちへ動かしたいというのは子どもの中にあって、
私はそれをサポートしますが、こうしなさいと強制はしません。『先生だったらこう指すかな』と言うようにしています」(高野さん)

必ずどちらかが「負けました」と言って勝負がつく。将棋は運はほとんど左右せず、自分の指した手だけが勝敗を決める。
勝敗はいわば自己責任だ。高野さんの教室では、2時間の間に、相手を変えて5、6局は指す。

「『負けました』は、大人になるとなかなか言いませんが、将棋では『負けました』と毎回言います。
言うことで、相手のことを慮ることができるようになります。
初めは『勝った、勝った』とはしゃいでいた子どもたちも、負けを経験していくと、相手のことを考えてはしゃがないようになりますよ」

高野さん
「教室に来た当初は、じっと座っていられない、おしゃべりばかりしていて落ち着かないという生徒もいました。
でも、将棋を続けていくうちに、ずっと座って将棋に集中していくようになりました」
負けたあとにきちんと自分の気持ちを振り返って感想戦ができる子どもは強くなりますね。負けることで心が強くなるんですね」 
続きを読む
おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク