くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

将棋

将棋連盟・谷川会長が辞任 一両日中にも表明…スマホ不正使用疑惑騒動で引責か

1: 2017/01/18(水) 05:09:24.19 ID:CAP_USER9
将棋連盟・谷川会長が辞任 一両日中にも表明…スマホ不正使用疑惑騒動で引責か

スポーツ報知 1/18(水) 5:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000009-sph-soci

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)=九段=が辞任することが17日、スポーツ報知の取材で分かった。
任期は今年6月まで。一両日中にも表明するとみられる。連盟は昨年10月、
対局中のスマートフォン不正使用疑惑に関連して三浦弘行九段(42)を出場停止処分としたが、
第三者委員会が同12月に「不正行為の証拠なし」との調査結果を発表。一連の騒動の責任を取るもようだ。

 大激震となったスマートフォン不正使用疑惑騒動の一連の責任を取り、将棋連盟のトップである谷川会長が辞任することになった。

 連盟は昨年10月、対局中にスマホを用いてコンピュータソフトを不正に使用している疑いがあるとして三浦九段を聴取。
後に疑惑に関連して年内の出場停止処分を下し、竜王戦7番勝負の挑戦者を変更する異例の事態となったが、
連盟が設置した第三者委員会は同12月末、調査の結果、処分については「非常事態でやむを得なかった」として正当性を認めつつ、
不正行為の事実については「不正行為をしたと認める証拠はない」と否定する報告書を発表した。

 直後の会見で谷川会長は「三浦九段やご家族につらい思いをさせたことを申し訳なく思っております」と謝罪。
会長以下理事8人の理事報酬を一部減額する処分を下した。自らの進退については「ここで放り出すわけにはいかないので、
引き続き粛々と業務に当たっていきます」としていた。

 17日夜、谷川会長は都内で行われた第29期竜王就位式に出席。冒頭のあいさつで、
あらためて騒動について謝罪した上で「将棋界の正常化に努めてまいります。
また将棋ファンの皆様方が真剣勝負を楽しめるような環境をつくってまいりたいとも思っております」と述べた。
前日16日に第三者委員会の報告書を連盟ホームページ(HP)に公開したことと、就位式をひとつの区切りにしたとみられる。

 関係者によると、谷川会長は心身ともに疲労がたまって体調を崩しており、
職務を継続することに不安を抱いたことも辞任の理由のようだ。

 谷川会長は、将棋界に一時代を築いたスーパースター。史上2人目の中学生棋士、21歳での史上最年少名人、
タイトル通算27期、十七世名人の資格を保持するなど数々の栄光を刻んできた。穏やかな人柄も慕われ、
2011年、連盟専務理事に就任。12年に米長邦雄前会長の死去を受けて、連盟会長に就任した。
現在も順位戦B級1組に在籍するなど現役棋士として活躍している。

 今後、臨時の棋士総会などによって選出される新会長の就任を受けて退く見込み。
後任には棋士会会長で永世棋聖資格保持者の佐藤康光九段(47)らの名前が挙がっているが、
今回の騒動を受け、現役棋士によって理事会を運営するのではなく、外部から有識者を招聘(しょうへい)すべきという声も棋士間で上がっている。

 ◆谷川 浩司(たにがわ・こうじ)1962年4月6日、神戸市生まれ。54歳。76年、史上2人目の中学生棋士に。
83年、史上最年少の21歳で名人に。97年、5期目の名人を獲得して十七世名人の資格保持者に。
通算獲得タイトル数は歴代4位の27期。最速の詰みを目指す棋風は「光速の寄せ」と称される。
2012年12月、日本将棋連盟会長に就任。13、15年に再任。14年、紫綬褒章受章。
続きを読む

【悲報】渡辺明さん、完全に孤立する

1: 2017/01/13(金) 02:41:11.84 ID:SKWliktS0
擁護しようがなさすぎて触れることすらなくなっている
images
続きを読む

「心労で辞退したと思っていた」三浦九段の参加予定だった新春イベント、本人に無断でキャンセル

1: 2016/12/29(木) 03:46:43.98 ID:CAP_USER9
<将棋>三浦九段の承諾なく出演取りやめ 新春イベント
毎日新聞 12/28(水) 21:58配信

 群馬県高崎市内で来年1月に開かれる新春の将棋イベント「上州将棋祭り」への三浦弘行九段(42)=高崎市出身=の出演が、
本人の承諾なく取りやめになっていたことが28日、分かった。

 三浦九段は対局中にコンピューターソフトを使用したと疑われ、10月に連盟から年内出場停止処分にされたが、今月26日に
公表された第三者調査委員会の調査報告で「不正の証拠は認められない」とされた。

 イベントはJR高崎駅東口のヤマダ電機で開かれ、3日は小中学生の将棋大会、4日はプロ棋士の公開対局が主な内容。
主催は日本将棋連盟。ヤマダ電機が特別協賛、県や市が後援。

 複数の関係者によると、今月10日ごろ、連盟やヤマダ電機のホームページから三浦九段出演の告知が削除された。
毎年出演していただけに、三浦九段は27日に東京都内で開いた記者会見で「承諾なしに出演がキャンセルされた。将棋ファンと
交流できる、処分明け最初の行事だっただけに残念」と話した。

 県内のある将棋関係者は「心労などで本人が辞退したと思っていた。三浦九段は地元でもアマチュア指導を快く引き受けてくれる
立派な方。来年も出演してほしかった」と残念がった。【尾崎修二】


ソース・毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000116-mai-soci
続きを読む

将棋連盟「今回の不正騒動責任とるですまんかった」

1: 2016/12/27(火) 17:52:06.96 ID:eBLwBH2m0
連盟執行部は谷川、青野、島が減給10分の3、3ヶ月間。
東、中川、佐藤、片上、井上が減給10分の1、3ヶ月間。

減給したからセーフ
続きを読む

ネット上に正体不明の謎の超絶棋士が出現 囲碁AI「Zen」を圧倒 囲碁界は騒然 何者なのか?

1: 2016/12/24(土) 12:11:36.53 ID:CAP_USER9
 ネット上の囲碁サイトに正体不明の謎の超絶棋士が突然現れ、趙治勲名誉名人と互角の戦いを演じた
囲碁AI(人工知能)「Zen」を圧倒したことが、囲碁界で話題もちきりだ。その名は「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」。
ほとんど時間を使わぬ高速の打ち回しから、超人的な新手の囲碁AIとみられている。

 Godは11月29日、世界中の囲碁愛好家が利用する囲碁サイト「KGS」に登場し、
同月に趙名誉名人との三番勝負で1勝2敗と肉薄した「Deep Zen Go(ディープゼンゴ)」
と同じソフトを搭載する「Zen19L」に連勝。12月1日にも再戦し完勝した。

 プロ棋士が驚いたのは碁の内容だ。碁石で境界線を引いて領土の広さを競う囲碁の布石は、
少ない石数で効率的に領土を広げられる隅から打ち始めるのが常識だ。Godは1局目は普通の布石を選んだが、
2局目の初手は盤の中心・天元に打ち、3局目は天元をはさんだ着点に1、2手目を費やした。

 破天荒な布石でトッププロ級の棋力を持つZenを破ったことに、囲碁AIに詳しい大橋拓文六段は「革命的」と言う。
「まだ人間の届かない囲碁の真理がGodの着手にひそんでいるかもしれない」

朝日新聞デジタル 12/24(土) 11:45配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000034-asahi-soci
続きを読む

【悲報】将棋の棋士、ラーメンを不味そうに食べる

1: 2016/11/11(金) 15:52:05.21 ID:HwVdIFbs01111
no title
続きを読む

【悲報】渡辺竜王「俺は三浦処分の会議に出てない、過激発言も島の創作」

1: 2016/11/01(火) 22:24:18.10 ID:N49pMh5cr
ブログで長々と言い訳を並べて早逃げのもよう
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/776e356c508c722cdef73bf521b5a6df
続きを読む

橋本崇載八段、マスコミを批判「事実関係の確認もなしに、人の名前を利用して記事にするというのは報道ではなく暴道」

1: 2016/10/31(月) 14:11:36.45 ID:CAP_USER9
31日、棋士・橋本崇載(たかのり)八段が自身のTwitterで、将棋ソフトの不正使用疑惑をめぐるメディアの姿勢に不快感を示した。

三浦弘行九段が対局中にスマートフォンなどで将棋ソフトを使い不正した疑いがある、とされる不正疑惑。
日本将棋連盟は10月12日、三浦九段に対して12月31日までの出場停止処分を決めている。

31日、橋本八段は「この度の不正疑惑問題について、たびたび自分の名前が報道されていることにつきまして、抗議をさせていただきたく存じます」と切り出し、
今回の疑惑に関しての一部メディアの報道への不快感を訴えた。

このアカウントは処分発表の翌日、「(三浦九段は)1億%クロだと思っている」と投稿。
このツイートは現在削除されているが、複数のマスコミが不正を断定した発言として取り上げることとなっていた。

しかし、橋本八段によると「1億%クロ」と発言したアカウントは経営する「将棋バー」の宣伝用で、スタッフと共有しているそう。
自身が三浦九段の不正を断定した、という事実はないと明言するとともに、
メディアが報じた“将棋連盟に処分を求めた”という事実は「ありません」と否定した。

その上で「事実関係の確認もなしに、人の名前を利用して記事にするというのは報道ではなく暴道」とマスコミを批判。
「会ったこともない人間が、都合のいいときだけノーギャラの取材を申し込み、断られればまるで腹いせのように人を利用して、あたかもあったことの様に記事を捏造して掲載する。心の底から憤りを感じます」と怒りを露わにしている。

一方、三浦九段の不正疑惑については「怒りはとうに通り越して呆れ果てているというのが正直なところ」と述べ、
今後はTwitterでの情報発信は当面控えることを明らかにした。

http://news.livedoor.com/article/detail/12219012/

橋本崇載八段 ツイッター
https://twitter.com/shogibar84
橋本崇載八段
no title
続きを読む

【悲報】久保利明九段、対局場に現れず不戦敗

1: 2016/10/30(日) 15:17:05.62 ID:AM1GuDbQ0
朝日新聞将棋取材班‏@asahi_shogi
村)叡王戦の久保利明九段―豊島将之七段戦、久保九段が対局場に現れず、豊島七段の不戦勝となりました。
異例の事態です。豊島七段は準決勝進出となりました。
続きを読む

【悲報】三浦九段、一転してまた劣勢に

1: 2016/10/27(木) 04:59:21.24 ID:epTSzapT0
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6710

やっぱりスマホの提出を拒否していた模様
続きを読む

<実は似ているサッカーと将棋>世界を広げる相乗効果に期待!

1: 2016/10/24(月) 14:02:54.78 ID:CAP_USER9
「サッカー」と「将棋」――。ジャンルの異なる両者には、意外なつながりがあることを知っているだろうか。

J1横浜のホーム戦では年に1度、そして将棋の駒の産地・山形県天童市を拠点とするJ2山形では年に2度、「将棋×サッカー」のコラボレーションイベントが開催されている。
イベントの中心人物は、熱烈なJ2札幌サポーターで棋士の野月浩貴七段(43)。12年3月に山形の試合を観戦したことからコラボ企画の話が立ち上がった。

戦型やフォーメーションなど、将棋とサッカーには共通する部分が多いそうだ。選手個々の特性を生かして戦術を組み立てるサッカーは、棋士の思考とも重なるところがあるという。

例えば、サイドバックの選手を飛車と見立てれば、相手陣内に入ると竜に成り、攻撃にも加わる。
このように、ポジションを駒に置き換えて観戦してみることも、楽しみ方の一つになると思う。その親和性から、将棋とサッカー両者のファンを結ぶイベントが企画されるようになった。

野月七段は「互いに似た部分があるので、将棋ファンにもサッカーファンが多く、
その逆もしかり。将棋ファンがスタジアムに足を運び、サッカーファンが将棋中継(テレビ、インターネット放送)を見るきっかけになれば」と語った。

さらに大きなムーブメントへのきっかけは、14年1月に三ツ沢球技場で行われた元横浜、大宮のMF波戸康広氏の引退試合。
キックオフ前のセレモニーでは、熱烈な将棋ファンの波戸氏に、日本将棋連盟から「将棋親善大使」が任命された。
波戸氏は現在横浜F・マリノスのアンバサダーを務めるとともに、アマ二段の棋力を誇る実力者だ。

スタジアムでのコラボイベントには野月七段をはじめ、郷田真隆王将(45)、渡辺明二冠(32)など、
サッカー好きの棋士も多数出演し、公開対局や指導対局、トークショーなどが行われている。

今までスタジアムに足を運んだことがなかった将棋ファンにとってもサッカー観戦のきっかけになり、
また、今まで将棋になじみのなかったサッカーファンが、公開対局やトークショーを目にすることで将棋の楽しさに触れるなどの相乗効果が生まれているという。

記者は入社以来、10年間、イベントを手がける事業本部に在籍。将棋の七大タイトルのひとつ、王将戦の運営を担当してきたが、
この10月の異動でサッカー担当となった。「まるで接点がないと思われるどんなことにも必ず共通項がある。
そして将棋が、必ず助けてくれる」。業務内容が大きく変わる記者に、郷田王将が贈ってくれたメッセージだ。

新米記者に任された初めてのコラムでも、早速将棋の力を借りることに。企画営業での経験を、新しい世界につなげていくことが新たな使命だ。(伊藤 靖子)

スポニチアネックス 10月24日(月)10時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00000082-spnannex-socc

写真
no title
続きを読む

将棋界の大事件で打線組んだwwwww

1: 2016/10/13(木)02:29:13 ID:P7i
1(中)森安秀光殺人事件
2(二)陣屋事件
3(三)森内が羽生より先に永世名人
4(一)羽生善治七冠達成
5(遊)中原誠突撃事件
6(左)女流棋界分裂事件
7(右)加藤一二三九段が猫に餌やったとかで訴えられる
8(捕)プロ棋士(佐藤なんとか)がCPUに初敗北
9(投)三浦弘行不正疑惑事件
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク