くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

将棋

ソフト疑惑が完全に晴れた三浦弘行九段、復帰後2連敗!!

1: 2017/02/21(火) 14:56:55.21 ID:CAP_USER9
不正疑惑晴れた三浦九段、復帰後2連敗/将棋
http://www.sanspo.com/geino/news/20170220/sot17022023020008-n1.html
no title


コンピューター将棋ソフトの不正使用疑惑を指摘され、
後に不正の証拠はないと認められた三浦弘行九段(43)は20日、
東京都渋谷区の将棋会館で王座戦2次予選に臨み、先崎学九段に敗れ、復帰後2連敗となった。

三浦九段は昨年夏ごろから対局中の離席が多いことなどを理由に不正使用を疑われた。
昨年の竜王戦7番勝負の挑戦者に決まっていたが、出場が取り消され、前代未聞の騒動に発展した。

三浦九段は13日、羽生善治3冠を相手に復帰したが、敗れていた。 
続きを読む

【画像】漢字ではなく、動きを記した将棋の駒が好評…おしゃれ!

1: 2017/02/12(日) 10:27:47.72 ID:CAP_USER9
初心者に将棋の魅力を伝えたいと、駒の図柄で
その動き方が一目で分かる「大明駒(たいめいこま)」を、
アートディレクターの稲葉大明さん(38)がデザイン・制作した。
女性からは「おしゃれ」、将棋愛好家には「初心者に教えやすい」
と好評で、優れたデザインに贈られる「グッドデザイン賞」
(2016年度)を受賞した。
161012ECtaimei_
*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/articles/20170210/k00/00e/040/284000c 
続きを読む

渡辺竜王、「不正騒動」謝罪も「再炎上」 「内容の無さが凄い」「(タイトル)返上すべし」

1: 2017/02/08(水) 19:33:53.16 ID:CAP_USER9
http://www.j-cast.com/2017/02/08290094.html?p=all

三浦弘行九段(42)の将棋ソフト不正使用疑惑騒動をめぐり、渡辺明竜王(32)がブログで謝罪した。渡辺竜王は当初、「疑惑」を指摘し、週刊誌取材にも応じる対応を取っていた。

対する三浦九段は一貫して身の潔白を主張。のちに不正の証拠はなかったと認定され、日本将棋連盟から受けた出場停止処分は、すでに解除されている。渡辺竜王への風当たりは強くなっており、謝罪後もなお、竜王位を返上するべきだ、といった過激な意見もネットに寄せられている。

ブログで「改めて一連の事をお詫び申し上げます」

17年2月8日のブログ。渡辺竜王は、1月の月例報告会で自分への厳しい意見が出たと明かし、

「それらは真摯に受け止めます。開幕した棋王戦五番勝負をはじめとした対局に取り組みながら、新理事会や棋士と話をしていきたいと思っています。機会があれば将棋ファンの皆さまにもご説明をしたいと考えています」
「改めて一連の事をお詫び申し上げます」
と謝罪した。

話は3か月前にさかのぼる。16年10月、三浦九段に将棋ソフトの使用疑惑が浮上し、日本将棋連盟から出場停止処分を受けた。当時、渡辺竜王は週刊文春の取材に答え、三浦九段の疑惑を公にするに至った心境などを語っていた。

しかし、12月、第三者委員会が不正の証拠は認められなかった、とする調査結果を発表。これをうけて、17年1月に将棋連盟が三浦九段の復帰、谷川浩司前会長の辞任を発表した。渡辺竜王への風当たりは強くなり、ツイッターで「除名しろ」「最低だな」との声が巻き起こった。

1月17日、東京都内で開かれた竜王就任式に出席した渡辺竜王は一連の騒動に言及。

「お騒がせしたことを申し訳なく思います。今後このようなことがないよう、将棋連盟の一員として将棋界の発展に努力して参ります」
と謝罪した。そして今回、2月8日にブログで改めて謝罪している。
三浦九段「世間一般の人に冤罪と知ってほしい」

三浦九段は、繰り返し「冤罪」を訴えてきた。復帰戦を6日後に控えた2月7日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で

「世間一般の人に冤罪と知ってほしい。それについてもまだできていない」
と記者団の取材に訴え、今後も身の潔白を主張していく姿勢を示している。

それだけに、渡辺竜王のブログには

「内容の無さが凄い」
「バカですか、あなたは」
「説明責任がある」
といまなお厳しいツイートが寄せられている。「最低でも竜王位は返上なさった上で、『空位』になるのが本来妥当な気がするのですが...」といった指摘も少なくない。
続きを読む

「どうしても言いたいことがある」「あいつだけは許せない」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕

1: 2017/02/07(火) 13:07:58.92 ID:CAP_USER9
三浦弘行九段(プロ棋士)

まず初めに、どうしても言っておきたいことがあります。今年1月に私の疑惑を調査した第三者委員会の報告書概要が公表されました。あれを全部読んでくれた人は「無実」だと思ってくれると思いますけど、第三者委の結論は過去に起こったことは「後戻りできない」という中身でした。要するに「悪魔の証明をすることは不可能」という意味に近いと思うのですが、これは裁判で言えば「推定無罪」という意味ですよね。でも、無実と無罪では意味がまったく異なります。私が言ってもしょうがないのかもしれませんが、私への疑惑は「無実」であり、冤罪だったということは分かってほしいんです。

疑惑の発端になったのは、昨年7月26日に将棋会館で開催された竜王戦決勝トーナメントの久保(利明)九段との対局でした。対局中の私の行動から不正を疑い、(日本)将棋連盟に提案したことがきっかけです。「自分は気持ち良く指したいからルール作りをしてほしい」という趣旨で、対局中の電子機器の使用を規制すべきと訴えていたそうです。その提案後、連盟の理事が対局中の私の行動を監視していたそうですが、報告書にもあった通り、私にはソフト指しを疑わせる不審な行動はなかったのを理事自身が確認しています。

このとき対局したのは、丸山(忠久)九段でしたが、丸山さんは私の行動を「不審に思うことはなかった」とはっきり言ってくださったんです。疑惑の対象となった四局のうち、二局が丸山さんじゃないですか。しかも、その前にも一局指しているんで計三局なんです。つまり、疑惑が浮上してから一番多く指したのは丸山さんだった、ということになります。その丸山さんのお話をその後に告発した人がちゃんと聞いておけば、こんなことになったのかどうか。かなりうがった見方かもしれませんが、告発者は丸山さんの話を聞きたくなかったのかな、とまで思ってしまうんですよ。もしかしたら、理事も監視していたわけですから、丸山さんが不審に思わないって言えば、そもそも私の疑惑自体に矛盾が生じてしまいますからね。

もし仮に私が不正にソフト指しをやっていたのなら、丸山さんとの対局だって普通やるじゃないですか。これは言い方変ですけど。だから、最初から無理があったんですよ。私にとっては全部大事な一局ですけど、なぜか私の対局相手が勝った将棋は疑惑の対象から外して、逆に負けた将棋は対象に入れるとか、言いたくはないんですけど私を嵌めようとしたのか、それともこうしないと矛盾が生じちゃうから、どうしてもそういう結論に持っていこうとしたのか。告発者からは、この対局で私がソフト指しをして、しかもこの局面で不正をしたとか具体的に言われたんですよ。でも、そうしなければ確かに矛盾が生じてしまう。だから、都合の良いように将棋ソフトとの一致率とかを抜き出して、あたかも私が不正をしたように疑われ、事実が捻じ曲げられていったんです。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/iRONNA
http://ironna.jp/article/5686?p=1
続きを読む

将棋初心者、覚えたいやつ来い

1: 2016/12/08(木) 15:54:46.134 ID:Tf1+8XhU0
質問に答えてやるよ
続きを読む

日本将棋連盟会長谷川九段の兄、谷川俊昭氏らが渡辺竜王らの適正な処分を求める署名運動を開始

1: 2017/01/30(月) 20:18:40.11 ID:CAP_USER9
https://www.change.org/p/%E6%A5%E6%9C%AC%E5%B0%E6%A3%8B%E9%A3%E7%9B%9F%E4%BC%9A%E9%B7-%E4%B8%E6%B5%A6%E5%BC%E8%A1%8C%E4%B9%9D%E6%AE%B5%E3%AE%E7%9C%9F%E3%AE%E5%8D%E8%AA%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E3%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE?recruiter=671810459&utm_source=share_petition&utm_medium=email&utm_campaign=share_email_responsive
三浦弘行九段の真の名誉回復を実現するため、真相の徹底究明と、渡辺明氏を中心とするメンバーの適正な処分を求めます!

発信者 谷川俊昭 (岡村和彦 松村健児 地主裕 山本桂 七間春恵 安田光一郎 村瀬一郎 yukinyago4) 

私たちは、「谷川俊昭と将棋を愛する仲間たち」です。
グループ名の通り、立場はそれぞれ違いますが、深く将棋を愛する点では変わりません。

さて、昨年秋からの、三浦弘行九段の”冤罪事件”、渡辺明氏(とその関係者)による、週刊誌まで利用し、仲間のプロ棋士を巻き込み、自らのタイトルを守った行為、その後の反省の色さえない態度、それらを組織ぐるみで隠蔽しようとしている将棋連盟、完全な無実にも関わらず、相変わらず名誉が回復されていない三浦九段という図式は、怒りを通り越して悲し過ぎます。
(この段落は、報道や将棋関係者により公開された範囲の情報のみに基づくため正確な事実とは異なる内容を含むおそれがあります)
「将棋界を正常な状態に戻したい」、そんな想いを抱いて、署名活動を立ち上げました。
今回の目標は、将棋界を正常な状態に戻すこと、真実を明らかにすること、渡辺明氏を中心とするメンバーに適正な処分を下していただくこと、それによって三浦九段の名誉が一日も早く回復され、気持ちよく将棋が指せる状態にすることです。
ぜひ、一人でも多くの将棋ファン、関心のある皆さんの署名をお待ちするものです。
本署名は、電子文書として届けられる予定の他、2月6日の週に、日本将棋連盟新会長に谷川俊昭から、全出力が直接届けられます。また、その後も署名を受け付ける予定です。
なお、本活動に関するお問い合わせ(報道関係の方も含む)は shogi.lovers@gmail.comまでお願いします。
(参考文献リンク集) 将棋界に詳しくない方にもわかりやすいように、今回の問題の時系列を掲載しております。
http://k-haru.mond.jp/2017/01/27/post-4764/
(外国語訳) Coming Soon !

日本将棋連盟会長様

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
会長
日本将棋連盟
続きを読む

羽生3冠夫人 三浦九段復帰戦を前に誤解解く「将棋だけに集中」願う

1: 2017/01/30(月) 09:38:17.45 ID:CAP_USER9
 羽生善治3冠(46)の妻・理恵さん(46)が29日夜、自身のツイッターを更新。コンピューターソフトの不正使用疑惑が晴れた将棋の三浦弘行九段(42)の復帰戦、2月13日に行われる羽生3冠との竜王戦の予選を前に、誤解を解くべく、連続投稿。心境をつづった。

 「まず、秘密会合で主人が処分相談など真っ赤な嘘です」と否定。昨年10月の一部報道で、羽生3冠の「グレー発言」だけが切り取られて強調され、三浦九段告発の一員であるかのように伝えられたことに、理恵さんは「許せない」とした。

 羽生3冠は夫人のツイッターを借りて昨年10月20日に「こんばんは。突然にお騒がさせてしまい、申し訳ありません。本日、一部報道で誤解を招くような表現がありましたので、この場をお借りして説明をさせて頂きます。まず、灰色に近いと発言をしたのは事実です。そして、今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは罰せずが大原則と思っていますので、誤解なきようにお願いを致します。羽生善治」と投稿。

 理恵さんは「このままでは1人の棋士の人生を変えてしまう、将棋界のためにも書くから貸してと、夜中対局から帰宅した主人がどんな思いで私のTwitterを借りて自分でツイートを打ったと思いますか?妻に代弁させてと誤解してる方もいますが、自分の言葉で伝えたいと本人が打ちました」と説明。「心を尽くし、精神を尽くしてしたことが、いつの間にか羽生叩きになり、いつまでもネット上の噂や騒動が収まらないことが三浦先生の棋士としての当たり前な日常を壊している」と憤った。

 「三浦先生が棋士として早く普通に将棋を指したいですと望まれているのだから。2月13日の主人と三浦先生の対局が白熱した面白いものになりますように」と願い、「将棋が大好きなもの同士、他の何物にも惑わされず全力で戦える場になりますように、ファンの皆様の応援を何卒よろしくお願いします。将棋だけに集中できますように。ファンの皆様、お力をお貸しください!」と呼び掛けた。

 注目の対戦はニコニコ生放送でオンエアされる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000074-spnannex-ent
続きを読む

将棋連盟・谷川会長が辞任 一両日中にも表明…スマホ不正使用疑惑騒動で引責か

1: 2017/01/18(水) 05:09:24.19 ID:CAP_USER9
将棋連盟・谷川会長が辞任 一両日中にも表明…スマホ不正使用疑惑騒動で引責か

スポーツ報知 1/18(水) 5:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000009-sph-soci

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)=九段=が辞任することが17日、スポーツ報知の取材で分かった。
任期は今年6月まで。一両日中にも表明するとみられる。連盟は昨年10月、
対局中のスマートフォン不正使用疑惑に関連して三浦弘行九段(42)を出場停止処分としたが、
第三者委員会が同12月に「不正行為の証拠なし」との調査結果を発表。一連の騒動の責任を取るもようだ。

 大激震となったスマートフォン不正使用疑惑騒動の一連の責任を取り、将棋連盟のトップである谷川会長が辞任することになった。

 連盟は昨年10月、対局中にスマホを用いてコンピュータソフトを不正に使用している疑いがあるとして三浦九段を聴取。
後に疑惑に関連して年内の出場停止処分を下し、竜王戦7番勝負の挑戦者を変更する異例の事態となったが、
連盟が設置した第三者委員会は同12月末、調査の結果、処分については「非常事態でやむを得なかった」として正当性を認めつつ、
不正行為の事実については「不正行為をしたと認める証拠はない」と否定する報告書を発表した。

 直後の会見で谷川会長は「三浦九段やご家族につらい思いをさせたことを申し訳なく思っております」と謝罪。
会長以下理事8人の理事報酬を一部減額する処分を下した。自らの進退については「ここで放り出すわけにはいかないので、
引き続き粛々と業務に当たっていきます」としていた。

 17日夜、谷川会長は都内で行われた第29期竜王就位式に出席。冒頭のあいさつで、
あらためて騒動について謝罪した上で「将棋界の正常化に努めてまいります。
また将棋ファンの皆様方が真剣勝負を楽しめるような環境をつくってまいりたいとも思っております」と述べた。
前日16日に第三者委員会の報告書を連盟ホームページ(HP)に公開したことと、就位式をひとつの区切りにしたとみられる。

 関係者によると、谷川会長は心身ともに疲労がたまって体調を崩しており、
職務を継続することに不安を抱いたことも辞任の理由のようだ。

 谷川会長は、将棋界に一時代を築いたスーパースター。史上2人目の中学生棋士、21歳での史上最年少名人、
タイトル通算27期、十七世名人の資格を保持するなど数々の栄光を刻んできた。穏やかな人柄も慕われ、
2011年、連盟専務理事に就任。12年に米長邦雄前会長の死去を受けて、連盟会長に就任した。
現在も順位戦B級1組に在籍するなど現役棋士として活躍している。

 今後、臨時の棋士総会などによって選出される新会長の就任を受けて退く見込み。
後任には棋士会会長で永世棋聖資格保持者の佐藤康光九段(47)らの名前が挙がっているが、
今回の騒動を受け、現役棋士によって理事会を運営するのではなく、外部から有識者を招聘(しょうへい)すべきという声も棋士間で上がっている。

 ◆谷川 浩司(たにがわ・こうじ)1962年4月6日、神戸市生まれ。54歳。76年、史上2人目の中学生棋士に。
83年、史上最年少の21歳で名人に。97年、5期目の名人を獲得して十七世名人の資格保持者に。
通算獲得タイトル数は歴代4位の27期。最速の詰みを目指す棋風は「光速の寄せ」と称される。
2012年12月、日本将棋連盟会長に就任。13、15年に再任。14年、紫綬褒章受章。
続きを読む

【悲報】渡辺明さん、完全に孤立する

1: 2017/01/13(金) 02:41:11.84 ID:SKWliktS0
擁護しようがなさすぎて触れることすらなくなっている
images
続きを読む

「心労で辞退したと思っていた」三浦九段の参加予定だった新春イベント、本人に無断でキャンセル

1: 2016/12/29(木) 03:46:43.98 ID:CAP_USER9
<将棋>三浦九段の承諾なく出演取りやめ 新春イベント
毎日新聞 12/28(水) 21:58配信

 群馬県高崎市内で来年1月に開かれる新春の将棋イベント「上州将棋祭り」への三浦弘行九段(42)=高崎市出身=の出演が、
本人の承諾なく取りやめになっていたことが28日、分かった。

 三浦九段は対局中にコンピューターソフトを使用したと疑われ、10月に連盟から年内出場停止処分にされたが、今月26日に
公表された第三者調査委員会の調査報告で「不正の証拠は認められない」とされた。

 イベントはJR高崎駅東口のヤマダ電機で開かれ、3日は小中学生の将棋大会、4日はプロ棋士の公開対局が主な内容。
主催は日本将棋連盟。ヤマダ電機が特別協賛、県や市が後援。

 複数の関係者によると、今月10日ごろ、連盟やヤマダ電機のホームページから三浦九段出演の告知が削除された。
毎年出演していただけに、三浦九段は27日に東京都内で開いた記者会見で「承諾なしに出演がキャンセルされた。将棋ファンと
交流できる、処分明け最初の行事だっただけに残念」と話した。

 県内のある将棋関係者は「心労などで本人が辞退したと思っていた。三浦九段は地元でもアマチュア指導を快く引き受けてくれる
立派な方。来年も出演してほしかった」と残念がった。【尾崎修二】


ソース・毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000116-mai-soci
続きを読む

将棋連盟「今回の不正騒動責任とるですまんかった」

1: 2016/12/27(火) 17:52:06.96 ID:eBLwBH2m0
連盟執行部は谷川、青野、島が減給10分の3、3ヶ月間。
東、中川、佐藤、片上、井上が減給10分の1、3ヶ月間。

減給したからセーフ
続きを読む

ネット上に正体不明の謎の超絶棋士が出現 囲碁AI「Zen」を圧倒 囲碁界は騒然 何者なのか?

1: 2016/12/24(土) 12:11:36.53 ID:CAP_USER9
 ネット上の囲碁サイトに正体不明の謎の超絶棋士が突然現れ、趙治勲名誉名人と互角の戦いを演じた
囲碁AI(人工知能)「Zen」を圧倒したことが、囲碁界で話題もちきりだ。その名は「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」。
ほとんど時間を使わぬ高速の打ち回しから、超人的な新手の囲碁AIとみられている。

 Godは11月29日、世界中の囲碁愛好家が利用する囲碁サイト「KGS」に登場し、
同月に趙名誉名人との三番勝負で1勝2敗と肉薄した「Deep Zen Go(ディープゼンゴ)」
と同じソフトを搭載する「Zen19L」に連勝。12月1日にも再戦し完勝した。

 プロ棋士が驚いたのは碁の内容だ。碁石で境界線を引いて領土の広さを競う囲碁の布石は、
少ない石数で効率的に領土を広げられる隅から打ち始めるのが常識だ。Godは1局目は普通の布石を選んだが、
2局目の初手は盤の中心・天元に打ち、3局目は天元をはさんだ着点に1、2手目を費やした。

 破天荒な布石でトッププロ級の棋力を持つZenを破ったことに、囲碁AIに詳しい大橋拓文六段は「革命的」と言う。
「まだ人間の届かない囲碁の真理がGodの着手にひそんでいるかもしれない」

朝日新聞デジタル 12/24(土) 11:45配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000034-asahi-soci
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク