くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

ファッション

堂本光一の私服、たったの300円www

1: 2016-09-18 18:06:49 ID:
no title


no title


no title


no title


no title
続きを読む

服装でバレる、デキない人の恥ずべき3欠点

1: 2016/09/02(金) 06:29:00.61 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
「その靴、スーツに似合ってないから、きちんとしたスーツ用の
靴に替えてくれる? あとシャツにシワが目立つから、
絶対にクリーニング屋でアイロンをかけて」

これは私が新入社員のときに、MBAを取得したてのアソシエイトの
先輩に注意された事柄である。当時は「そのくらい、ええやないか!」
と反発心を覚えたものだが、それから時は流れてはや15年。
そのアソシエイトの先輩が口を酸っぱくして言っていた
「服装の大切さ」が、今では身に染みてよくわかる。

私が見てきた一流の人たちは、TPOに応じて、実にファッションに
気を使う。別にそこまでしなくてもいい気もするが、
なかにはトータルファッションコーディネーターを
雇っている人も身近にいた。

これに対しデキない二流の人は、自分の服装で他人に不快感を
与えるのが大得意である。

*+*+ 東洋経済 +*+*
http://toyokeizai.net/articles/-/133570 
続きを読む

「若者のおしゃれ離れ」は本当に起こっているのか

1: 2016/08/26(金) 08:29:16.28 ID:CAP_USER9
「若者のおしゃれ離れ」が叫ばれて久しい。昔に比べて、今の若者が「ファッションに無関心になった」とは言わないが、
スニーカーやリュックの流行や、シンプルな無地の服が流行るなど、40~50代が若かった頃とは「おしゃれ観」が変わっている気がしてならない。
もし変化しているとしたら、その背景に何があるのか。
識者に話を聞きながら、昔と今のおしゃれが変わった背景を考えてみた。(取材・文/有井太郎、編集協力/プレスラボ)

● 高級ブランドバッグは 恥ずかしいし、少しイヤらしい

「高級ブランドのバッグは、全面にブランド色が押し出されたデザインが多く、ちょっと恥ずかしい。少しイヤらしい気もする」

「若者の○○離れ」と表現されるものはいろいろあるが、その中でとりわけ捉え方が難しいのが「ファッション」だ。
「若者のおしゃれ離れ」「若者のファッション離れ」と言われることは多く、その象徴として、ファッション誌の相次ぐ休刊やブランド志向の低下などが挙げられる。

電通総研が発表した「若者まるわかり調査2015」によると、20代社会人で「今しかできないと思う趣味・好きなこと」に「ファッション」と回答した割合は、
男子が10.5%、女子は24.5%だった。若者とファッションが強く結びついてきたことを考えると、この割合(特に男子)は低いと見ることもできるだろう。

一方で、20代の人に話を聞けば、決してファッションに無関心とは言い切れない。
「インスタグラムでいつもスタイルを勉強している」(25歳女性)という声も多く、むしろSNSによっておしゃれの情報は増えているとさえ思える。
女性向けファッションのキュレーションメディアとして若者にヒットしている「MERY」などもある。
 
 ファッション誌の元気がないのは確かかもしれないが、それはどの分野の雑誌も同様で、おしゃれ離れを示す特定の事象とは言い難い。

● 現40~50代と今の若者では 異なる「おしゃれ」の定義

とはいえ、現40~50代の人たちが若い頃に定義していた「おしゃれ」と、今の若者が定義するそれとは、確実に隔たりがあるのではないだろうか。
つまり、間違いなく若者のファッション観は変化したはずだ。
昔のように、高級ブランドに憧れる若者は少ないように感じるし、スニーカーやリュックといった身近なアイテムがおしゃれとして流行っているのも興味深い。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160826-00099973-diamond-soci
ダイヤモンド・オンライン 8月26日(金)8時0分配信
続きを読む

音楽知らなくてもロックTを着ていい?だめ?メンズ誌の特集がSNSで物議

1: 2016/08/19(金) 20:27:08.59 ID:CAP_USER9
メンズファッション誌「ファインボーイズ(FINEBOYS)」9月号の特集「音楽を知らなくたって着ていいじゃん、ロックT」が、SNSで物議を醸している。

同特集では、ロックTを「攻めの姿勢になれる」ファッションアイテムとして提案。「モンキータイム(MONKEY TIME)」とメタリカによるコラボレーションアイテムをはじめ、
「オールドパーク イースト(OLD PARK-EAST)」が手がけたザ・ローリングストーンズのTシャツや、オアシスが90年代に行ったツアーTシャツなどの"ロックT"を使った様々なスタイルを紹介している。

ツイッターでは、ある一般ユーザーが同特集について「(音楽を知らなくてもロックTシャツを着て)いいわけない」と投稿し、現時点で8,900超のリツイートを記録。
ロックファンから共感する声が挙がっている一方で、「パンクやロックがもっと広がってほしいと思う身としては着る理由なんかどうでも良い気がします」といった意見を述べるユーザーも見られ、賛否両論が巻き起こっている。

また、「知らなくてロックTを着るのは別に構わないよ。どの服だってルーツを知っていて着てる人なんてほとんどいないだろうし。どこかで恥をかいたとしても本人の問題だろうから。
ただ、それをファッション誌が書いたら駄目だろ」「このキャッチコピー考えたの誰だよ、ロックファン馬鹿にしてる」とロックTシャツを着ることではなく、同特集に対する編集部のスタンスを指摘するツイートも少なくない。

no title


http://www.fashionsnap.com/news/2016-08-19/rockT-issue/
2016年08月19日
続きを読む

【画像】 最近のキモオタはこういうおシャレなTシャツ来てるらしいwwwwwwwwwwwwww

1: 2016/08/13(土) 05:19:38.74
no title
続きを読む

中学の時こんな服着てた奴wwwwwwwwwwwww

1: 2016/08/05(金) 23:53:16.58 ID:vwH6xSAsM
no title

no title

no title

no title

no title



今見るとだっせえ
よく着てたなこんなの
続きを読む

今年はパジャマを外でも着ちゃうのがお洒落♡ ←これどう思う?

1: 2016-07-28 13:13:20 ID:
■今季はパジャマ風アイテムが流行の予感。

ドルチェ&ガッパーナやグッチなどのコレクションで登場し、話題になったパジャマスタイル。

no title


■海外ガールも注目!外でもパジャマを着るのがお洒落なんです。

斬新でユニークなルックが完成するパジャマルスタイルに、おしゃれに敏感な海外セレブや芸能人が早くも注目しています。

no title


ソース
http://matome.naver.jp/odai/2146353512272478001

no title
続きを読む

ファッション板のカリスマがガチお洒落した結果wwww

1: 2016/08/01(月) 17:34:39.55 ID:NEBTeC9R0
no title
続きを読む

シャワーサンダルのコーデってどうなの?

1: 2016-07-14 15:05:07 ID:
最近気になってます(´・ω・`)
けどやっぱサンダルだから私服にはおかしいのかな?
皆さんどう思いますか?
no title
続きを読む

いい年してワックスすらつけない奴wwwww

1: 2016/05/06(金) 17:00:46.26 0
なんで?
normal
続きを読む

ワイの女受け最高夏ユーデwww

1: 2016/06/26(日) 01:32:59.00 ID:jxxU/umXp
no title

スポブラ、モノトーン、ハイストリートとトレンドを完全制覇
続きを読む

スカジャン女子が急増 パリコレで脚光、横須賀は集客期待

1: 2016/07/01(金) 20:56:13.60 ID:CAP_USER9
 光沢のある生地に、虎や竜の派手な刺しゅう。横須賀名物「スカジャン」の発祥地、
どぶ板通り商店街でちょっとした異変が起きている。世界的ファッションショー、パリ・コレクション登場をきっかけに、
スカジャンを求める来客の中に若い女性が目立つようになった。専門店は「流行する中、
せっかくなら本場で手に入れたいのでは」と分析。新たな客層がもたらす地域の盛り上がりに期待を寄せている。

 スカジャンは、戦後、横須賀に駐留した米兵が自分のジャケットに和柄の刺しゅうを入れてもらったのが始まり。
専門店「プリンス商会」の渡辺栄子さん(65)は「これまでのお客さんは、スカジャンが昔から好きな男性ばかりだった」。

 だが2016年春夏のパリコレで、グッチやルイ・ヴィトンといった有名ブランドがスカジャンを起用。
その後、国内外のファッション誌でも取り上げられ、テレビで女性芸能人が着用している姿も見られるようになった。

 10代後半~20代に人気の女性誌「ViVi」(講談社)は、2~6月号にかけてスカジャンを「流行のアイテム」として紹介。
編集部は「女性らしいアイテムに、(男性的で)辛口なスカジャンがアクセントとなる」と、魅力を語る。

 発祥地のどぶ板通り商店街にも流行が回帰している。「これまで女性客はほとんどいなかったけれど、
この春は全体の6~7割が女性」。スカジャンを販売する「MIKASA vol.2」のオーナー、一本和良さん(53)は驚く。

 ブームを受け、市、横須賀商工会議所、京浜急行電鉄でつくる横須賀集客促進実行委員会は4~5月、
スカジャンを着ると割引などのサービスが受けられるキャンペーンを地元15店舗で実施した。
約1カ月で利用者は15人だったものの、担当者は「都内、横浜から観光客が訪れていた。
暑い時期だったけれど、反応はいい」と集客の効果を受け止める。

 夏は“オフシーズン”のスカジャン。「ブームはまだ続く。秋や冬にまた実施したい」と意欲を燃やしている。

カナロコ by 神奈川新聞 7月1日(金)8時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00010266-kana-l14
画像 専門店でスカジャンを選ぶカップル=横須賀市本町の「どぶ板通り」
view-source:no title
続きを読む
おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク