くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

歌手・音楽・楽器

oasisとか言う名曲製造マシーンwwwwwwwwwwww

1: 2016/12/31(土) 16:27:39.18 ID:NTIn/6t50
ファッキン愛してる
index
続きを読む

星野源が人気の理由 「モテる五つの条件」を満たしていた

1: 2017/01/02(月) 14:30:27.96 ID:CAP_USER9
 12月30日(金)、インターネットテレビ番組『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』(AbemaTV)が放送された。

 千原ジュニアがMCをつとめ、“働き方”と“モテる男女”の2つのテーマについて、パネリストとともに徹底討論。後半の討論に参加したのは、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣、ブロガーで元電通社員のはあちゅう、タレントでお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、タレントで女装家のミッツ・マングローブ、タレントで元ナンバーワンホステスの神室舞衣、タレントのアレクサンダーとその妻の川崎希。さらに後半戦では作家・元セクシー女優の鈴木涼美、早稲田大学教授で政治学・恋愛学者の森川友義が参戦した。

 異性からみた「モテるイイ男、イイ女」について、森川はモテる条件は「五感的魅力」だとして「見かけ(視覚)」「会話(聴覚)」「距離が縮まり匂いを嗅ぐ(嗅覚)」「手を繋ぐ(触覚)」「キス(味覚)」で、男女共通なのだという。さらに男性は年収や地位など社会的条件が関わってくるのだと解説した。

 するとミッツはその五感が見るだけでも出ている人物がおり、それがフェロモンなのだとして、星野源を例えに出して「歩く性器ですよ、本当に」と発言し、スタジオからは驚きの声が挙がった。ミッツは星野ファンは無意識のうちに性的なものをかぎ取っているのだとして、星野を「多分変態」と評した。

 また、「イケメンじゃないけどやたらと色気があるなと思う芸能人ランキング」を紹介するシーンでは、俳優を中心とした錚々たるメンバーだったが、10位にジュニアの名前が。ジュニアについて大久保は芸人特有の色気があると評し、鈴木は同意しながら芸人はギャップが演出しやすいのだと分析した。

 ミッツは男性の手は常に裸であることから、フェロモンが放出されていると感じると熱弁。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00010008-abema-ent
AbemaTIMES 1/2(月) 14:20配信
続きを読む

RADWIMPS野田洋次郎 前田敦子との熱愛否定「事実無根」

1: 2017/01/01(日) 10:46:27.90 ID:CAP_USER9
 ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎(31)が1日、
自身のツイッターを更新。一部で報じられた元AKB48で女優の前田敦子(25)との
親密交際を否定した。

 野田は「なんだろう。熱愛報道みたいなのが出てるみたいですが、全くの事実無根です」と
完全否定。「正月早々。相手方にも申し訳ないので、伝えさせてもらいます」とし
「なんだかなぁ。紅白に出るというのは、こういうことなのか」と心境をつづった。

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/01/kiji/20170101s00041000175000c.html
no title
続きを読む

BUMP OF CHICKEN「アニメのタイアップで人気になる手段は少し違うと思う。本当の実力じゃないから。」

1: 2016/12/21(水) 10:54:16.23 ID:5V4NfeXE0
これは誰のことをいってるんですかねぇ
続きを読む

「日本のロックが好きではない人々のための日本のロックアルバム10選」を米メディアPasteが発表

1: 2016/12/24(土) 05:07:51.84 ID:CAP_USER9
2016/12/24 04:31

「日本のロックが好きではない人々のための日本のロックアルバム10選」を米国の音楽/エンタテインメント系メディアPaste Magazineが発表

1. Flower Travellin’ Band, Satori

2. Far Out, Nihonjin

3. Boris, Pink

4. Mass of the Fermenting Dregs, Mass of the Fermenting Dregs

5. Sigh, Imaginary Sonicscape

6. MONO, You Are There

8. Envy, All the Footprints You’ve Ever Left and the Fear Expecting Ahead

9. Midori, Hello Everyone, Nice to Meet You, We Are Midori

10. Boredoms, Vision Creation Newsun


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://www.pastemagazine.com/articles/2016/12/10-j-rock-albums-for-people-who-dont-like-j-rock.html


・Flower Travellin’ Band / Satori
no title

http://amass.jp/82673/
続きを読む

イエモン吉井 初出場に「これだけは言いたい、4人ともカツラじゃない」

1: 2016/12/29(木) 18:04:17.88 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 12/29(木) 17:43配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000146-spnannex-ent

 ◇第67回NHK紅白歌合戦リハーサル(2016年12月29日)

 今年5月に12年ぶりに再結成したロックバンド「THE YELLOW 
MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)」が本番への意気込みを語った。

 今年が初出場となるが、ボーカルの吉井和哉(50)は「デビューの早い段階から紅白は視野に入れて活動してきたが、
これまでそういう機会がなかった。申年ですし、再結成したこのタイミングで出場させていただけて良かった」と喜んだ。

 ベースの廣瀬洋一(53)も「集まるべくして集まったメンバー。イエモンをやることが人生のミッションだと感じる。
深い絆で結ばれ、いろんなタイミングが重なったと思うので、今年でよかった」と笑顔を見せた。

 歌唱曲はヒット曲「JAM」。吉井は「イエロー・モンキーが国とするなら、この曲は国歌。大人でもない、
子供でもない年齢の時に作った曲なので、自分たちにとって特別な曲」と思い入れを語った。
12年ぶりの再結成の思いを語った後、最後に吉井が「これだけは言いたいのが、
4人ともカツラじゃないんで」と語気を強め、報道陣の笑いを誘っていた。

画像
index
続きを読む

【悲報】2016年の年間CD売上ランキング

1: 2016/12/28(水) 23:57:17.41
今年2016年、年間CD売上ランキングが衝撃的「秋元康 vs. ジャニー喜多川 」

2016年、CD売上ランキング
今年2016年、年間CD売上ランキングがヤバいと話題になっています。
2016年は一体どういう曲がどれだけ売れたのでしょうか。トップ20は以下の通りです。

1位 AKB48「翼はいらない」/152.0万枚
2位 AKB48「君はメロディー」/129.5万枚
3位 AKB48「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」/121.4万枚
4位 AKB48「ハイテンション」/120.3万枚
5位 乃木坂46「サヨナラの意味」/91.1万枚
6位 乃木坂46「裸足でSummer」/85.1万枚
7位 嵐「I seek」/82.9万枚
8位 乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」/82.8万枚
9位 嵐「復活LOVE」/54.1万枚
10位 嵐「Power of the Paradise」/47.2万枚
11位 欅坂46「二人セゾン」/46.8万枚
12位 SMAP「世界に一つだけの花」/39.3万枚
13位 欅坂46「世界には愛しかない」/39.3万枚
14位 欅坂46「サイレントマジョリティー」/37.7万枚
15位 SKE48「チキンLINE」/36.5万枚
16位 NMB48「僕はいない」/36.4万枚
17位 HKT48「最高かよ」/33.2万枚
18位 SKE48「金の愛、銀の愛」/32.4万枚
19位 Hey! Say! JUMP「真剣SUNSHINE」/30.9万枚
20位 HKT48「74億分の1の君へ」/30.5万枚

プロデューサー別で見てみると・・・
1位:秋元康
2位:秋元康
3位:秋元康
4位:秋元康
5位:秋元康
6位:秋元康
7位:ジャニー喜多川
8位:秋元康
9位:ジャニー喜多川
10位:ジャニー喜多川
11位:秋元康
12位:ジャニー喜多川
13位:秋元康
14位:秋元康
15位:秋元康
16位:秋元康
17位:秋元康
18位:秋元康
19位:ジャニー喜多川
20位:秋元康
http://pot-spot.jp/212039102312/
続きを読む

星野 源、スガシカオ、田島貴男ら多くのアーティストが絶賛!ブルーノ・マーズの新作『24K MAGIC』がヤバすぎる!

1: 2016/12/28(水) 08:43:14.50 ID:CAP_USER9
ブルーノ・マーズの3rdアルバム『24K MAGIC』の勢いが止まらない。iTunesでは世界31ヵ国以上で1位を記録する大ヒットを見せ、日本国内のアーティストたちをも興奮させている。

あの星野 源も自身のラジオ「星野源のオールナイトニッポン」で、楽曲をたびたび流し、「もう最高っ!」と大絶賛している。その賛辞を贈るのは星野だけではない。スガシカオや田島貴男といった日本の音楽界を代表するアーティストたちもその興奮をTwitterで伝えている。

スガシカオ
https://twitter.com/shikaosuga/status/801038207219474432
田島貴男
https://twitter.com/tajima_takao/status/802023455671480320

アルバム発売に先駆け、10月にデジタル配信がスタートした、リードトラック「24K Magic」は、星野 源も一押し。

Bruno Mars - 24K Magic [Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=UqyT8IEBkvY



「この曲リリースされてすぐ見つけてすぐ聴いたの! 音聴いてクソやばい、最高と思って。PV観て、さらにクソやばいという。かっこいいのかダサいのかわからない(笑)。ジャケットもそうなんですけど、完全に狙ってやってる。(中略)『アップタウン・ファンク』の大ヒットのあと、次はどんな方向で来るのかと。ブルーノ・マーズの自分がやっていた方向のままでいくのか、それとも『アップタウン・ファンク』の方向でいくのか、どっちなのかなと思ったらですね、ちょっと斜め上のもっとマニアックなほうにいっちゃったという、かなりドープな新曲」(10月10日放送「星野 源のオールナイトニッポン」より)

ブルーノ・マーズといえば、2014年11月10日に発売され、第58回グラミー賞で最優秀レコード賞を受賞したマーク・ロンソンの11枚目のシングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」にソングライター、プロデューサー、ボーカルとして参加していた姿が記憶に新しい。

しかし、この「24K MAGIC」によって、その記憶はアップデートされるだろう。実際、「アップタウン・ファンク」で高まった次作への期待を裏切ることなく、「ミネアポリスな音だ。こりゃオモロイ」(11月25日Twitterより)と中村弘二に、「この90年代感がどんぴしゃ過ぎて、最高です!」(11月20日Twitterより)とASIAN KUNG-FU GENERATIONの伊地知潔(ds)に言わしめるほど、絶賛をもって迎え入れられているようだ。

また、ラスベガスの煌びやかな街並みを舞台に、金、女、ギャングが入り混じる、そのダサかっこいいミュージックビデオは、近年、ceroやSuchmosなどをきっかけにブラックミュージックに興味をもった人にとって、決してクールなだけではない元来のブラックミュージックの姿を感じる機会になるかもしれない。

現地時間11月20日に開催されたアメリカン・ミュージック・アワードでは、同曲にデ・ラ・ソウルの「ミー・マイセルフ&アイ」の元ネタとしても知られる、ファンカデリックの「ニー・ディープ」を織り交ぜながらのパフォーマンスを披露。

Bruno Mars - 24K Magic [American Music Awards Performance]
https://www.youtube.com/watch?v=ttlTus58MNA



様々なジャンルを軽やかなステップで横断しながら、ポップに昇華させるブルーノ・マーズの才能を垣間見ることができる。こちらも必見だ。

ソース
http://www.m-on-music.jp/0000177105/
http://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2016/12/M-20161221-MK-1613.jpg
続きを読む

木村カエラ「男女の友情は成立しない!」

1: 2016/12/25(日) 06:12:57.97 ID:CAP_USER9
2016-12-24 (土) 11:00

木村カエラがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「木村カエラcosmic☆radio」。
リスナーの皆さんと木村カエラが“cosmic”のように無限につながる30分間です。
12月18日の放送では、リスナーから寄せられた「男女の友情は成立する?」という質問に、カエラの熱い思いが聴けました。


◆カエラちゃんは男女の友情は成立すると思いますか?(29歳・女性)

これはね、ほぼ成立しないんだよ。世の中こんなきれいな事はないんです。優しい心を持ったとしても。でも、友情の関係でありたいと思うお互いが“男を/女を”見せなければ、友情は成立すると思います。
でもやっぱり男はかっこつけたいもの、女はかわいらしくいたいもの。だから、これは成立しません!
でもバンドのメンバーとは10年以上ずっと一緒にやってきたけど、あの人たちとはもう家族みたいになっちゃったよね。全部飛び越えたというか。そういうのもあるんだよね。
でもよくドラマで、一緒に仕事をしてたら恋愛に落ちてとかワーキャーワーキャーやってるやつあるじゃん? やっぱり成立しないんじゃない!? 成立したためしがあるんだったら、私に見せてくれ!!(笑)。


◆私には男子の親友がいるのですが、2ヶ月前にちょっとしたすれ違いがあって気まずくて話せていません。でも友情を取り戻したいので、仲直りをしようと思います。仲直りが成功するコツはありますか?(18歳・女性)

さっき、「男女の友情はありえない!」って言ったのに、男子の親友がいるんだって! これはもう恋愛なんじゃないか?(笑)。何があったのかわからないから、もうちょっと具体的に知りたい気持ちはあるけれども……。
でも仲直りのコツって男の人女の人に関係なくひとつ絶対にあると思うのは「話を聞いてあげること」。これはすごく大事なことだなと思うんです。
自分が話を聞いてほしければ相手の話も聞かなきゃいけないし、それが逆のパターンでも同じだと思うんですね。

だから相手の話を聞いてあげて、聞き終わったら“自分が何を思っていたのか”、丁寧に説明する。相手と仲直りしたいと思っているんだったら、きっと話を聞かなきゃいけないと私は思います。
何かがすれ違ってケンカをするということは、自分だけじゃなくて相手も何かを思っているということなんだよね。だからギクシャクする。
でも相手は自分のことを思ってくれてるからギクシャクしているので、やっぱり話を聞いてあげないといけないと思います。
それで、“違うそれ!”って思ったら、あとでちゃんと説明すればいいと思います。そうすれば相手の気持ちもわかって、素直に心に届くと思うんですよ。だからいっぱいちゃんと素直に話すといいよ。

(TOKYO FMの番組「木村カエラcosmic☆radio」2016年12月18日放送より)


・パーソナリティの木村カエラ
no title

http://tfm-plus.gsj.mobi/news/VRFkTDYhC4.html?showContents=detail
続きを読む

ASKA YouTubeに新曲公開 タイトルは「Fukuoka」

1: 2016/12/25(日) 00:57:00.60 ID:CAP_USER9
 覚せい剤取締法違反で逮捕され、不起訴となった歌手ASKA(58)が24日、動画投稿サイトYouTubeに新曲を公開した。
タイトルは故郷にちなんで「Fukuoka」。

 ピアノで始まるバラードで、ASKAは同サイトのコメント欄に「コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、
僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした」と曲を紹介。
「New Album『Too Many People』の中から「Fukuoka」を聴いてください」としている。

 ASKAはブログで「Merry Christmas!!!!」としてYouTubeのアドレスを貼り付けた。
ファンへのクリスマスプレゼントとみられる。

 「Fukuoka」の歌詞は「いまは昔 昔はいま」「生きるように生きてきた」「人生は前後左右 いつも未解決」など、
これまでの人生を振り返るかのような内容。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

デイリースポーツ 2016.12.25
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/25/0009779063.shtml
続きを読む

スピッツ「日本人なのに英語で歌うやつは糞」←これ以上の正論ある?

1: 2016/12/15(木) 03:40:21.15 ID:AnsJ92QL0
やマサムネ神
index
続きを読む

ASKA怒りのブログ二転三転 陽性「ありえません」でも「科捜研に間違いはない」

1: 2016/12/21(水) 09:32:45.28 ID:CAP_USER9
デイリースポーツ 12/21(水) 5:59配信

 11月28日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、今月19日に不起訴処分となって
釈放された歌手のASKA(58)が20日、ブログを更新し、逮捕の決め手となった尿鑑定の際、
お茶を自身の尿と偽って提出したいきさつなどをつづった。ASKAは保釈後、都内の自宅には戻らず、
この日は妻が警察を通じて当面、帰宅の予定がないことを明らかにした。

 前代未聞の釈放劇から一夜明け、ASKAが思いの丈を記した。

 正午過ぎに2本のブログを連投。1本目では「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?これは、
2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています」とし、
「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい」
「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」と当時の心境を説明。陽性反応が出たことに
「ありえません」と怒りを表した。

 直後の2本目では「あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました」と前言撤回し
「実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。科捜研に間違いはないと思います」と、
覚醒剤の反応が出たことは認めた。

 ブログ内でも主張は二転三転したが、理由は「まだ語ることなできない理由があります」(原文ママ)と明言せず。
「僕は無実です」と改めて強調した。

 19日夜に警視庁東京湾岸署から釈放されたASKAだが、この日も都内の自宅に姿を見せず。自宅前には
警察関係者が簡易バリケードを設置し、午後4時頃には長女とみられる女性が車で帰宅した。

 その約30分後には妻が碑文谷署に電話で「ASKAはしばらく自宅には戻りません」と明かし、
報道陣に伝えるよう要請。警備に当たっていた同署員から報道陣に説明された。

 CHAGE and ASKAのChage(58)はこの日、都内ホテルでクリスマスデイナーショー。
観客によると、ASKAの名を挙げることもチャゲアスの楽曲を歌うこともなく、
「皆さん、聞きたいことあるんでしょ?Chageは元気です」と意味深に語ったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000003-dal-ent
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク