くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

歌手・音楽・楽器

Kダブシャイン批判殺到 電車落書きはヒップホップ

1: 2017/02/21(火) 15:43:57.97 ID:CAP_USER9
ヒップホップMCのKダブシャイン(48)が、地下鉄車両が落書きされた事件を受け「これぞヒップホップ!!という爽快感は禁じえない」と肯定的に発言したことで、ネット上で物議をかもしている。

 複数メディアが21日、横浜市営地下鉄の車両に相次いで落書きされているのが見つかったとの事件を報じた。Kダブシャインは同日ツイッターで「もっとやれー!と言ったら怒られるんだろうな。ただこれぞヒップホップ!!という爽快感は禁じえないw」とツイートし、一部ネットユーザーから批判を浴びた。

 ヒップホップは、スプレー等で壁などに落書きする「グラフィティ」文化とつながりが深い。そのためKダブシャインは「現象として感傷に浸っただけで作品として賞賛した覚えはありません」「このピースが特別優れてるとは言ってない。今回の現象がレトロ感溢れてて懐かしい気分にさせられたという意味。それだけ」と発言の真意を説明している。

 Kダブシャインの発言をめぐり、「うわっ、ドン引き…」「頭おかしいのかな?」と嫌悪する声や、「本当に見損なった。いくらカルチャーであろうと、犯罪を分野のトップが肯定しちゃダメだ、、、」「グラフティもヒップホップの文化だからwwwって薄っぺらいこと言ってるやつらはいっぺん自分の家に壁にタギングされてみろよ」「トップアーティストが軽々しく扇動するような発言するのが、どうかしてる」といった批判が多数を占めたが、その一方で「ヒップホップは最初の成り立ちからややこしい文化だからね」「ケーダブの言いたいこともわかる」「ヒップホップは音楽じゃなくて文化なんだけどなぁ… そこを知らないやつが多すぎてこうなるんだよ」と擁護的なコメントもあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01782093-nksports-ent
続きを読む

イカ天出身バンドで打線組んだwwwwwwwwwwww

1: 2017/02/16(木) 09:51:22.63 ID:FwXUhkY90
6 宮尾すすむと日本の社長
2 ブランキージェットシティ
5 マルコシアスバンプ
3 ビギン
4 人間椅子
6 ジッタリンジン
7 えび
9 突然段ボール
1 たま
続きを読む

B-DASHが解散発表 結成20年で活動に終止符

1: 2017/02/17(金) 12:20:06.50 ID:CAP_USER9
オリコン 2/17(金) 12:09配信

 ロックバンド・B-DASHが17日、解散を発表した。1997年に結成し、20年間の活動に
終止符を打った。

 メンバーは連名で「いつも応援してくれているファンの皆様とこれまでB-DASHと
関わって頂いた皆様にお知らせがあります。B-DASHは解散します」と報告。ファンや
関係者に向けて「言葉ではとても伝えきれませんが、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!!」と思いを伝えた。

 B-DASHは1997年に東京出身のGONGON(Vo&G)、TANAMAN(B)、ARASE(Dr)の
3人で結成。意味不明な歌詞とアッパーなサウンドが若者から支持され、2002年に
発売されたアルバム『ぽ』はオリコン週間ランキングで3位を獲得した。これまで
シングル8枚、アルバム13枚を発表。

◆コメント全文
いつも応援してくれているファンの皆様とこれまでB-DASHと関わって頂いた皆様に
お知らせがあります。
B-DASHは解散します。
1997年に結成してから20年間、シングル8枚、アルバム13枚を発表し、様々なイベントや
フェス等に出演させてもらいました。
ここまで活動できたのは、ライブやCD等を通じて応援してくれた一人一人の皆様、
そしてこれまでB-DASHと関わって頂いたすべての皆様のお蔭です。
言葉ではとても伝えきれませんが、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!!!!!

B-DASH GONGON / TANAMAN / ARASE

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000319-oric-ent
no title
続きを読む

国分太一、ASKAのテレビ復帰に「清原さんが野球解説をしたら違和感がある」「そう考えると本業に戻るのは早すぎ」

1: 2017/02/16(木) 09:37:55.64 ID:CAP_USER9
歌手のASKA(58)が15日、出身地・福岡市のテレビ西日本(フジテレビ系列)のローカル番組「ももち浜ストア夕方版」(月~金曜・後4時50分)に生出演した。14年に覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕されて以来、初めてのテレビ出演となった。出演では薬物使用について質疑を受けたほか、福岡への思いを込めた新曲「FUKUOKA」をフルコーラスで熱唱した。

 一夜明けた16日、TBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜・前8時)は、前日のテレビ出演後の直撃取材の様子を放送した。ASKAは出演について「うん。うまくいきました」と久々の登場を振り返った。少し緊張しているように見えたことについては「今回はうまく歌うということよりも、どういう風に見えるんだろうということを気にしていた。きっとそっちの方に比重を置いていた気がしますね」と話していた。

 これらのコメントを受け、MCの真矢ミキ(53)は「早いとかというより、人への信用には時間と手順がある。それが自粛ということじゃないかな。この素敵な歌に説得力が欲しい。だったら世間との温度の違いをしっかり受け止めてほしい」。

さらに国分太一(42)は「清原さんが野球の解説をしていたらちょっと違和感があると思う。そう考えると本業に戻るのは早すぎたかな」と話した。

 また元テレビ朝日アナウンサーの南美希子(60)は「違和感を感じた。言動がどう考えても腑に落ちない。クスリからの脱却は長い道のりがかかる。(社会の)公器であるテレビに出演するのは、全くもって理解できない」と指摘し、“夜回り先生”こと水谷修氏(60)は「怒っています。ふざけるなです。執行猶予中は本来刑務所にいなきゃいけない期間。映したテレビ局も何を考えているのか。この時期は社会奉仕活動をしたり、迷惑をかけた人や社会に償う時期。歌が償い? そんなのは理由にならない。映したテレビ局も許さないし、テレビ局も考えて欲しい」と指摘するなど、ASKAの地元・福岡から離れた東京のスタジオは否定的な空気に包まれていた。

 ASKAは14年に覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕され、懲役3年執行猶予4年の判決を受け、現在は執行猶予中。昨年11月には覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となっていた。

スポーツ報知 2/16(木) 9:31配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000056-sph-ent
続きを読む

ヒット曲1曲もないのに知名度だけある歌手と言えば?

1: 2017/02/11(土) 00:52:31.69 0
いる?
続きを読む

スッキリ!で放送事故、エレファントカシマシが「音楽止めて!!」

1: 2017/02/10(金) 09:51:21.67 ID:aGWbrTs0p
ファーwwwwwwwwwwwwwww

続きを読む

エレファントカシマシ、10日の日テレ「スッキリ!!」で生ライブ、演奏曲は視聴者投票で決定

1: 2017/02/09(木) 18:06:39.22 ID:CAP_USER9
http://natalie.mu/music/news/220068
2017年2月9日 13:50

明日2月10日(金)に日本テレビ系で放送される「スッキリ!!」に、エレファントカシマシが出演する。
今回の番組で4人は生ライブを披露する。演奏楽曲は放送中の視聴者投票で決まるので、ファンはぜひリアルタイムで視聴のうえ投票してみよう。

■日本テレビ系「スッキリ!!」
2017年2月10日(金)8:00~10:25
※放送上の都合により内容変更の可能性あり

no title

no title

no title
続きを読む

「作詞力」「作曲力」「歌唱力(演奏力)」の3点で総合的に日本で一番優れているミュージシャンは誰か

1: 2017/01/18(水) 10:48:56.29 ID:H5ci8sVZa
井上陽水
続きを読む

JASRACのウソ 若きクリエイターは著作権料もらえず 儲かるのは既に肥え太った有名著作権者とJASRAC自身

1: 2017/02/07(火) 00:54:58.59 ID:CAP_USER9
<JASRACは必要か?>著作権料では若くて貧乏なクリエイターを豊かにできない

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権の必要性について、次のような意見を掲げている。

*「著作物は自然に生まれるものではなく、作詞者や作曲者をはじめ、それぞれの著作者たちが労力をかけて創作するものです。
著作者にとって、多くの人に自分の作品を楽しんでもらうことは喜びであり、新たな作品を創作する励みにもなります。
同時に、創作した著作物が利用されるときに正当な対価を得られることも、創作に携わる人たちの創作活動や暮らしを支えるためにとても大切です。
また、次の世代が創作を志すインセンティブともなります」

*「作品への対価が次の創作を支えていく循環を『創造のサイクル』と呼んでいます。
著作権は、『創造のサイクル』を循環させ、新たな文化を生み出すために欠かせないものです」

「作品への対価が次の創作を支えていく循環を『創造のサイクル』」だと主張しているが、これはウソだ。
ちょっと考えてみれば直ぐ分かるが、「次の創作」をすべき、若きクリエイターは著作権料をもらっていない。

【参考】<伝え方の難しさ>テレビが真実を伝えたら、視聴者に真実として伝わるのか?

著作権料をもらえるほどの作品を作っていないから貧乏なのである。
若いクリエイターにして見れば著作権ごと作品を定額10万円で買い上げてもらったほうが、よほど「次の創作」に臨む環境を整えてもらえるというものだ。
少なくとも今日のメシは食える。

著作権が潤わせているのは既に肥え太った有名著作権者とあと、もうひとつあるがそれは本稿末に記す。

さて、著作権は若いクリエイターを潤わすわけではないという前提に立った上で、筆者はJASRACの方針に反対している。
JASRACは音楽教室での演奏をめぐって著作権料を徴収する方針のことである。
講師が見本として演奏する楽曲などが著作権料徴収の対象になるということだ。
教室を運営する事業者などは「音楽教育を守る会」を結成し、直ちに反対の表明を発表した

筆者が音楽教室での著作権料徴収に反対の理由は「教育だから」といった理由ではない。
前述したように著作権料が「次の創作」を支える糧にはなっていないからである。

JASRACが新たに音楽教室から著作権料を取る方針をすすめるのは、著作権料収入が年々落ち込んでいるからである。
落ち込む理由はネットの登場で音楽が売れなくなってきたからである。
ネット時代のビジネスモデルとしては、曲はネットで無料公開し、それを窓口にして、リアルのコンサートに来てもらい、
入場料やグッズ販売で稼ぐ簿出るが普通になるだろう。

すると、JASRACの収入はますます細る。
だからこその新著作権料徴収なのである。

さて、先ほどの答えだが、著作権で儲かるのは既に肥え太った有名著作権者ともうひとつ。
それは、JASRAC自体である。つまり、既得権者ということだ。
http://blogos.com/article/208876/
続きを読む

JASRAC「結婚式や葬式であろうと音楽を使うことは許さない」今から結婚する若者かわいそう…

1: 2017/02/06(月) 21:56:45.34 ID:6RVuytct0 BE:155869954-2BP(1501)
JASRACはCDの売り上げ減などを受け、徴収対象を広げることで徴収額を確保してきた。
音楽教室は『演奏権の対象の中で取りこぼしてきた最後の市場』(幹部)とみている。
http://www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html




江差追分の件、葬儀場に詳しい事情を訊いてみた。ある葬儀の席にJASRACの人間が居合わせ、多くの人が集まる場所で無断でCDをかけてはならないと指導され、社の方針になったとのこと。
大きい葬儀チェーンだが包括契約はしていない。音楽教室だけではなく葬式や結婚式にも手を突っ込んできたか。
https://twitter.com/RyuichiSato/status/827747896074264578

葬儀に父が好きだった「江差追分」を流したいと言ったら、葬儀屋に著作権の問題が、と言われました。JASRACの存在が、その著作権解釈が、人々から音楽を遠ざけているように思える。
https://twitter.com/RyuichiSato/status/826996782424952833
続きを読む

予言者ビリー・ジョエルの名曲「マイアミ2017年」の歌詞がヤバすぎる!日本は乗っ取られ、NY破壊で大荒廃か

1: 2017/02/03(金) 22:32:47.34 ID:CAP_USER9
■聖書の予言者の血を引くユダヤ人 ビリー・ジョエル

世界的なエンターテイナーであるビリー・ジョエルは、数々のヒット曲を生み出した天才メロディメーカーである。
ビリーは、1949年5月9日ニューヨーク州サウス・ブロンクスで生を受けた。
彼の祖父や父は、ナチスの脅威から逃れるため、アメリカに亡命したドイツの裕福なユダヤ人。
ビリーは3歳からクラシック・ピアノのレッスンを受け始めるが、その後、ロックンロールに興味を抱くようになる。
14歳から地元ロング・アイランドでバーのピアニストとして働き始めた。

no title


そして、働いていた影響もあってか、出席日数が足らず高校を中退することになる。
ビリーは高校を中退する時、自身に関する予言めいたことを母親に語ったという。

「コロンビア大学には入れなかったけれど、コロムビア・レコードに入るんだ!」

予言通りビリーはその後、コロンビア・レコードと契約。
1973年に発売されたアルバム『ピアノ・マン』がヒットしたことで一気にメジャーになった。
さらにその後、1977年に出したアルバム『ストレンジャー』の爆発的ヒットにより、一躍スターダムにのし上がったのだ。

ちなみに、ビリー・ジョエルの「joel」とは、「聖書の中に登場するヨエル書の予言者ヨエル(joel)」のことであるという。
つまり、ビリー・ジョエルはユダヤ人である上に、何と聖書の予言者の血を引いていた可能性があるのだ!
そんな予言者の末裔であるビリーは、2017年について恐ろしい予言の歌を歌っていたのだ。

■ビリー・ジョエル「マイアミ2017」に示された恐ろしい2017年予言

1976年に出された4枚目のアルバム『TURNSTILES』(改札機という意味)邦題「ニューヨーク物語」がある。
新境地を開拓するつもりで力を込めたビリーのセルフプロデュースアルバムだった。
だが、『TURNSTILES』は商業的には大失敗だったのである。

no title


このアルバムの中に、「マイアミ2017」」(原題:Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway))というビリーの予言とも言うべき歌が収められており、そこでは2017年のニューヨークは、何か壊滅的な出来事(第三次世界大戦、テロ、核兵器……)のため、すっかり荒廃していると歌われているのだ。

●「マイアミ2017」歌詞の内容

「歌い手は、フロリダ州マイアミに暮らしており、過去(2017年?)にニューヨークで起こった悲惨なできごとを回想している。
ブロードウェイの光が消え、エンパイア・ステート・ビルが傾いた。かつてコンサートが行われたブルックリンでは橋が落ち、何者かによって電源を落とされて我々は地下に追いやられた。
それでもショーを続けた。まるでスペインの内戦のようにあちこちで騒ぎが起こった。クイーンズは残り、ブロンクスは爆破され、マンハッタンは海に沈んだ。
富裕層たちは、遠の昔に高級車を買って遠くに脱出した。それは、悪い奴らがメキシコを乗っ取る前の出来事だ。光が消え、ほんの少しの人しか生き残らない。
生き残った人は世界から光が消えた理由を伝え続ける」

この「マイアミ2017」の中にあるニューヨークの象徴である摩天楼「エンパイア・ステート・ビル」が傾くという部分は、2011年9月11日の同時多発テロ事件を彷彿とさせることから、当時も「ビリーの予言」だとして話題になったのだが、問題はここからだ。
なんと、2006年11月30日のビリー・ジョエル日本単独公演で歌われた「マイアミ2017」の歌詞では、「悪い奴らがメキシコを乗っ取る前」の「メキシコ」の部分を「日本」に変えて歌ったというのだ!
これは日本が悪い奴らに乗っ取られるということか!!

■未来人ジョン・タイターと会ったビリー・ジョエル

もうひとつ、ビリーに関するネットのウワサの中に奇妙な話がある。
それは、「2036年から来た未来人ジョン・タイターとビリー・ジョエルは接触していたのではないか?」という説だ。
タイターといえば、2000年にアメリカのインターネット掲示板に降臨し、現代人とネット上でやりとりしたことで有名になった人物。

http://tocana.jp/2017/02/post_12048_entry.html
http://tocana.jp/2017/02/post_12048_entry_2.html

▼つづく
続きを読む

<19才首都圏の国立大学に通う女子大生告白!>「T.M.R西川貴教にポイ捨てされた」

1: 2017/02/02(木) 11:34:06.11 ID:CAP_USER9
 T.M.Revolution西川貴教(46才)にポイ捨てされた──。失意のどん底に突き落とされた首都圏の国立大学に通う女性大生のA子さんが告白した。

 170cmのスラリとしたモデル体形で、菜々緒似の美女であるA子さん。彼女と西川の出会いは昨年12月初旬。知人の開いた飲み会でのこと。

「芸能関係のかたも数人来ていた席で、挨拶もそこそこに“きみ、めちゃくちゃタイプだわ”と声をかけられまして…。もちろん西川さんのことは知っていましたが、有名人とお話するのも初めてだったので、現実感がなかった。ありがとうございます、と返すのが精一杯でした」(A子さん)

 当時、彼女は19才。恋人はおらず、キャンパスライフとバイトに忙しいごく普通の女子大生だった。西川の口説きに根負けしてLINEは交換したが、単なる社交辞令だろうと受け流していた。

 当日すぐに西川からLINEが届き、熱心にデートに誘われたという。そして、1週間後に恵比寿の高級焼肉店でデート。この日は終電で帰ったA子さんだったが、西川のLINE攻勢は更に激しくなり、12月下旬の夕刻、A子さんはついに西川の自宅に招かれた。

「男性の家に1人で行くという行為が何を意味するのか、もちろん考えました。でも私は、彼の真意が知りたかったんです。30才近くも年上の彼がなぜ私を誘うのか」(A子さん)

 LINEに送られてきた住所を訪ねると、そこは都心の超高級マンションだった。吹き抜けのエントランスにホテルライクな内廊下、24時間監視セキュリティーシステムにコンシェルジュも常駐。女子大生のA子さんには、未知の世界だった。

「西川さんの部屋は4LDKで、一人暮らしとは思えないほど片づいていました。お風呂はジャグジーで大型テレビ付き。寝室にもシャワールームがありました。彼はセーターにデニムというラフな格好で出迎えてくれた。お茶を飲んで、ふかふかのソファに座って一緒にテレビを見ていたら、そっとキスをされて…。後は流れるまま寝室へ。避妊しないのは気になりましたが、最後まですごく優しかった。行為の後も、“大好きだよ”って言葉を何度もかけてくれました」(A子さん)

 情事の後、ふたりは付近の映画館で『スター・ウォーズ』の最新作『ローグ・ワン』を鑑賞。高級寿司店で食事をして帰宅した。

 その後、自宅デートを重ねたが、西川から「つきあおう」という言葉はなかった。1月中旬のある夜、いつも通り自宅に招かれたA子さんは、西川にこう聞いた。

「私たち、体だけの関係じゃないんだよね?」

 西川の答えは、真剣そのものだった。

「“なんでそんな悲しいこと言うの! 大切だし、一緒にいたいと思ってるよ!”って。彼の言葉に安心したし、信じていいんだなと」(A子さん)

 だがこの日以降、ふたりの関係は急変する。LINEが、一切返ってこなくなったのだ。

「全て既読スルーです。何か不快にさせてしまったのならごめんなさい、と謝罪の文面も送りましたが、返事は来ません。真面目な交際なのか念を押したことで、重くなったのでしょうか。怒りさえわかず、ただただ、悲しみだけが募りました」(A子さん)

 西川はなぜ連絡を絶ったのか。“ポイ捨て”の真相を聞くべく、本誌は彼を直撃した。

つづく

NEWS ポストセブン 2/2(木) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170202-00000002-pseven-ent&p=1
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク