くちびる速報

くちびる速報とは2chまとめ、及び面白いニュース、心温まるニュースを紹介していくブログです。 古い記事をあげることもあります。

  
  


  
  

海外ニュース

北朝鮮「核実験場の廃棄は物凄いことなんだぞ!とんでもない意義があるんだぞ!」と必死に強調

1: 2018/05/20(日) 17:40:33.13 ID:gOlX/UYP0 BE:478973293-2BP(1501)
北朝鮮、核実験場廃棄の意義強調「重大措置」
 北朝鮮の宣伝サイト「朝鮮の今日」は20日、同国が23~25日の間に実施予定の北東部
豊渓里の核実験場廃棄について「朝鮮半島非核化のためにわが国が主導的に講じている
非常に意義があり重大な措置だ」と強調した。
 北朝鮮は18日、核実験場廃棄の取材に当たる韓国記者団の名簿を受け付けなかったが、
廃棄の意義を強調することで「式典」を予定通り行う姿勢を示した。関係者によると、米メディア
などは北朝鮮外務省の発表に基づき、22日に訪朝する準備を進めている。
 同サイトは、韓国の保守勢力が核実験場廃棄について「廃棄ショー」などとけなしていると
して、「北南関係改善を阻もうとする醜悪な妄動だ」と非難した。
 北朝鮮は核実験場廃棄の式典を、米韓のほか中国とロシア、英国のメディアに公開すると
表明していた。
http://www.sanspo.com/geino/news/20180520/sot18052017140004-n1.html
続きを読む

【悲報】北朝鮮が正体を現す「韓国は無知無能の集団 人間のクズしか居ない」

1: 2018/05/18(金) 10:21:12.07 ID:HHpmnv6EM
北朝鮮が韓国に対する批判を強め、関係の「決裂」を警告した。北朝鮮はボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が唱える強硬論を攻撃したばかりで、ホワイトハウスは米朝会談が実現しないかもしれないとの不安を鎮めようとしていた。

  国営朝鮮中央通信(KCNA)は17日に英語で発表した声明で、韓国当局者は「無知無能な集団であることをさらけ出した」と非難。韓国当局は「北朝鮮最高指導部の尊厳と体制を、人間のクズどもが国会の場で傷つけるのを容認した」と続けた。

  その上で、韓国との「閣僚級会談の中止に至った深刻な状況が解決されない限り、韓国の現政権と再び交渉の場で向かい合うのは断じて容易ではない」と警告した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-17/P8VBU56K50XU01
続きを読む

北朝鮮「アメリカは誠意を見せろ」

1: 2018/05/16(水) 18:15:20.24 ID:sa2vRvM90 BE:448218991-PLT(13145)
北朝鮮、一方的な核放棄強要拒否 「妄言」と米国を非難
 【北京共同】北朝鮮の金桂冠第1外務次官は16日、談話を発表し、トランプ米政権が
米朝首脳会談を前に北朝鮮を刺激する「妄言」を繰り返していると非難、米国が一方的な
核放棄を強要するなら、会談に応じるか「再考慮せざるを得ない」と警告した。朝鮮中央通信が
伝えた。

 談話は、非核化のためには米国が敵視政策や核による威嚇を終わらせることが
「先決条件」だと強調。トランプ政権が米朝関係改善への誠意を持って会談に臨むのであれば、
相応の対応をすると表明した。
https://www.kahoku.co.jp/naigainews/201805/2018051601001348.html
続きを読む

【悲報】白人様まん「ヒエッ…黒人が休憩室で寝てる…警察に通報しないとw」

1: 2018/05/10(木) 23:52:45.18 ID:m/W7zjz/0
https://www.cnn.co.jp/m/usa/35118942.html

2018.05.10 Thu posted at 15:23 JST
(CNN) 米イエール大学でこのほど、黒人大学院生が宿舎の休憩室で寝ていたところ、これを見つけた白人学生から警察に通報される出来事があった。

今回の出来事が起きたのは8日朝。通報の後、黒人学生は大学警察から尋問を受けた。学生は警察とのやり取りの様子などを収めた動画2本をフェイスブックに投稿。広く視聴され、数千件のコメントが寄せられた。

一方の動画では、警察に身分証の提示を求められた黒人学生がいら立ちをあらわに、
「私にはここにいる権利がある。皆と同様に学費を納めている」「ここにいることを正当化する必要はない」と述べている。

黒人学生によれば、大学院の施設で論文に取り組んでいたところ、休憩室で寝てしまった。そこに別の女子学生が入ってきて明かりをつけ、
「ここで寝てはいけない。警察に通報する」と伝えてきたという。

白人警官2人の到着後、階段で事情聴取が始まった。黒人学生は身分証の提示を求められ、幾分ちゅうちょした末、これに応じている。

最終的には、もう2人の警官が到着。生徒関連データベースで名前のスペルミスがあったことから若干混乱が生じた後、警察は黒人学生に帰ってよいと伝えた。

米国ではここ最近、黒人市民らの無害にみえる行動で警察に通報が行く事案が相次いでいる。
直近では、黒人女性3人がカリフォルニア州の民泊施設を後にする際、強盗と勘違いした女性が通報し、身柄を拘束される出来事があった。

また先月には、フィラデルフィアのスターバックスで黒人2人が注文せずに店内にいたため、責任者が通報して逮捕につながる事案も起きていた。

no title
続きを読む

【フランス】動画:マクドナルドに放火、300人近く逮捕 パリのメーデー行進、暴動に発展「パリよ立ち上がれ」

1: 2018/05/03(木) 03:31:35.88 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3173266?act=all
(リンク先に動画ニュースあり)

2018年5月2日 11:02 発信地:パリ/フランス
【5月2日 AFP】フランスの首都パリでメーデー(May Day)の1日、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の公共部門改革に抗議するデモ行進の最中に、覆面姿の若者らがマクドナルド(McDonald's)店舗や車両に放火するなどして暴徒化し、300人近くが逮捕された。

 同国では毎年5月1日、労働組合が主催して労働者の権利を訴える伝統のデモ行進が行われる。

 警察によると、黒い上着にマスクを着用した約1200人がデモに合流。「パリよ立ち上がれ」「皆が警察を嫌っている」などと叫んだ。

 デモ隊の一部は、行進の阻止を試みた後、市中心部の東側にあるマクドナルドの店舗を破壊して放火。さらに自動車販売店の複数の車や、ショベルカー、バイクにも火をつけた。警察は、催涙ガスや放水銃でこれに応じた。

 警察によると、276人が逮捕され、1日夜の時点で102人が勾留されている。31の事業者が被害を受け、うち2か所は放火されたという。

 マクロン大統領はツイッター(Twitter)に「犯人を特定し、その行動の責任を取らせるためすべてのことをする」と投稿し、暴力を非難した。

 フランスではマクロン大統領の公共部門改革をめぐって緊張が高まっている。さらに同国西部では先月、警察と反資本主義者らの激しい衝突も発生。メーデーの暴動は、パリでここ数か月起きた中で最悪の騒乱となった。
続きを読む

【速報】金正恩さん、来月中に核実験場を閉鎖し海外メディアへ公開へ

1: 2018/04/29(日) 11:34:21.09 ID:tSOAPiaq0
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6280784

具体性がないとか言ってたジャップさん…
続きを読む

レストランの食事に大感激、チップはずんで21万円

1: 2018/04/17(火) 17:45:52.24 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3171417?cx_module=latest_top

2018年4月17日 13:47 発信地:シカゴ/米国
【4月17日 AFP】米国のレストランで客が払うチップは食事代の20%あたりが相場だろう。だがこのほどシカゴのレストランで、食事に感激した客が料金の3倍近い260%ものチップをはずみ、話題になっている。

 このレストランは、レストラン格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」で一つ星を獲得しているシカゴの高級店「ボカ(Boka)」。

 ボカが16日に明らかにしたところによると、前日に「マイク」という名前のシアトルからの客が同店を訪れ、ディナーを堪能した。

 ディナーの代金は759ドル(約8万1200円)だったが、マイクさんは一般的なチップの額では謝意を伝えきれないと思ったのか、チップ300ドル(約3万2000円)を支払った。さらに厨房を訪れて17人のスタッフ全員にそれぞれ100ドル(約1万700円)のチップを手渡したという。チップは総額2000ドル(約21万4000円)に上った。

 ボカの総支配人ジョン・レオポルド(Jon Leopold)氏は地元紙シカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)に、「あれほどまでして謝意を示してくださる方がいるとは、思いがけない驚きでした」と述べた。「金額の多さだけでなく、厨房まで足を運んでくれ、料理が素晴らしく、シェフの仕事が意義あるものだとスタッフに直接伝えてくれた」

 レストランのインスタグラム(Instagram)には、ほほ笑む厨房スタッフに囲まれ、親指を立てるしぐさを見せるマイクさんの写真が投稿されている。(c)AFP
続きを読む

【悲報】ヨーロッパ人、キリスト教離れする、チェコでは91%が無宗教

1: 2018/04/04(水) 23:14:27.29 ID:blmkR2HRa
教会に行かない、お祈りをしない、信仰する宗教自体を持たない若者が、欧州で増えていることが最近発表された研究結果で明らかになった。
いまやキリスト教がデフォルトの時代は終わったとさえ言われており、人口減少や移民の増加に伴い、欧州の宗教地図が、今後数十年で劇的に変わるのではないかと予想されている。

no title


◆信仰心が激減。若い世代は宗教嫌い?

ガーディアン紙によれば、この研究は、ロンドンのセント・メアリー大学の神学および宗教社会学の教授、ステファン・ブリヴァント氏が「欧州社会調査 2014-2016」からのデータをもとにし、
「ヨーロッパの若者と宗教」という報告書として発表したものだ。16~29歳の若者を対象としている。
                                                                                               報告書によれば、もっとも信仰心が薄いのはチェコで、91%が宗教を持たないと回答。エストニアの80%、スウェーデンの75%、オランダの72%がこれに続く。
逆に信仰心が厚いのはポーランドで、82%が自分はカトリック教徒だと答え、宗教を持たないと答えたのは17%にとどまった。

一方、カトリックが主流とされているフランスでは、カトリック信者だと答えたのは23%で、64%が宗教を持たないと回答した。
さらに英国国教会(聖公会)の教えを国教とするイギリスでは、同教会への帰属を示した回答者はわずか7%で、70%が無宗教と答えている(エコノミスト誌)。

◆アイデンティティとしてのキリスト教は受け継がれない

欧州ではキリスト教が文化や生活習慣に影響を与えてきたが、それも薄れつつある。ポーランド、ポルトガル、アイルランドでは、10%以上が週一度は礼拝に参加すると答えたが、
チェコでは70%が一度も教会、または礼拝所に行っていないと答え、80%がお祈りをしたことがないと答えた。
イギリス、フランス、ベルギー、スペインでも、56~60%が教会に行かない、63~66%がお祈りをしないと回答している。

ブリヴァント教授は、多くの若いヨーロッパ人は、「洗礼は受けるものの、二度と教会に足を踏み入れなくなるだろう。文化的宗教的アイデンティティは、親から子へ受け継がれていない」と述べている。
キリスト教がデフォルトであった時代は終わり、新しいデフォルトは「無宗教」だと同氏は述べる。
また、今後20~30年の間に、主流教会の規模は縮小し、わずかな信者だけが教会に深く関与し続けることになると述べている(ガーディアン紙)。

https://newsphere.jp/national/20180404-2/
続きを読む

女性市長「IKEAの誘致に成功!これで雇用も生まれる」→「エイプリルフールの嘘でーす」→炎上し謝罪

1: 2018/04/03(火) 11:03:03.32 ID:CAP_USER9
 【パリ=作田総輝】フランス北部ボーベの女性市長が、1日のエープリルフールに合わせ、ツイッターなどにスウェーデン家具大手イケアの誘致に成功したとするウソの書き込みをし、謝罪に追い込まれた。

 問題となったのは、カロリーヌ・カイユ市長の「まもなくボーべにイケアが進出します。ボーベの雇用にとってすばらしいニュース」という書き込み。数時間後に「エープリルフールでした」と告白したが、SNS上に「失業に悩む住民に希望をもたせるのはよくない」「なんて最悪なフェイクニュースだ」といった批判が殺到した。

 市長は仏ラジオRTLの取材に「住民に誤った期待をもたせてしまった」と謝罪した。仏国内の失業率は近年、10%前後と高止まりが続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00050033-yom-int
続きを読む

【悲報】石油、なくならない。バーレーンで1932年以来最大の油田発見 既存の埋蔵量を圧倒する規模

1: 2018/04/02(月) 10:40:53.18 ID:cGkGJHq0M
バーレーン、1932年以来最大の油田発見-既存の埋蔵量を圧倒する規模 - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-01/P6J3EB6S972801
続きを読む

9歳男児、ゲームのコントローラーを渡さない姉に激怒し射さつ

1: 2018/03/20(火) 07:02:39.09 ID:bim77/uga
米南部ミシシッピ州で、9歳の男児が13歳の姉を射さつする事件が起きた。
姉弟はビデオゲーム機のコントローラーをめぐりけんかをしていたという。地元メディアが19日、報じた。

事件が起きたのは17日。地元メディアが同州モンロー(Monroe)郡保安官の話として伝えたところによると
男児は自分にコントローラーを渡さなかった姉に向かって発砲。
弾は後頭部に当たって脳を貫通した。姉は重体に陥り同州メンフィス(Memphis)の病院に搬送されたが
翌18日に死亡した。

地元当局は、男児がどのようにして銃を手にし、その危険性をどこまで認識していたかについて捜査を開始した。
米国では同様の事件は珍しくなく、銃規制に関する議論が白熱している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000002-jij_afp-int
続きを読む

体重380キロ超の41歳男性 減量ドキュメンタリー番組収録中に急死

1: 2018/03/05(月) 07:39:34.35 ID:CAP_USER9
no title


アメリカのケーブルテレビTLC(ザ・ラーニング・チャンネル)の人気番組『My 600-lb Life(体重272キロの人生)』は、肥満に苦しむ人々が医師らの力を借りて減量に挑戦するリアリティーショーである。先月28日の放送で、減量に挑戦していたニュージャージー州フォークト・リバー出身の男性が、昨年11月に亡くなっていたことが明らかになった。『PEOPLE.com』『Fox News』などが伝えている。

超肥満で体重が380キロを超えていたロバート・ブッヘルさんは昨年11月15日、『My 600-lb Life』の収録中に心停止を起こして亡くなった。41歳だった。

ロバートさんは生前、肥満のためベッドから起き上がることも苦痛な状態で、食事からシャワーまで生活のほとんどをフィアンセのキャサリン・レマンスキーさんに頼っていた。しかし真剣に減量に取り組みたいと『My 600-lb Life』への出演を決め、昨年6月にキャサリンさんとともにヒューストンの病院に移っていた。

ヒューストンでは減量外科専門医のYounan Nowzaradan氏の監視指導のもと、食事療法や簡単な歩行訓練などのリハビリを重ねた。9月には肥満による腹腔内の脂肪が原因でできる肥満性リンパ浮腫の、身体右側部分の切除手術を受け約155キロの減量に成功、体重は227キロにまで落ちていた。

しかし手術後、これまでに経験することのなかったストレスからうつ状態となり、ロバートさんは鎮痛剤に依存するようになる。見かねたNowzaradan医師は鎮痛剤をやめるように指示したが、これに反発したロバートさんはベッドから起き上がることさえも嫌がり、鎮痛剤欲しさに手術の際に縫合した糸を引きちぎるなど異常な行動に出るようになった。

その後、病室からリハビリ施設に移動したもののロバートさんは一切の運動を拒否し、ついには歩くこともやめてしまう。精神的、肉体的にも苦しむ日々が続くなか、ロバートさんは減量開始から5か月後の番組収録中、心停止に陥り帰らぬ人となってしまった。

ロバートさんに付き添いケアをしていたキャサリンさんは、あまりにも突然の死をこう振り返っている。

「手術後のロバートは、まるで人が変わってしまったようでした。鎮痛剤の服用ができず、自分と向き合うことをやめてしまったのです。ロバートが亡くなる前、彼は私にこう言ったのです。『今夜を乗り越えることができないような気がする。愛してるよ。これからもずっと愛してる…』私はベストフレンド、そして生涯のパートナーを失ってしまいました。」

ロバートさんとキャサリンさんは14年来のつきあいで、来年にはフロリダのディズニーワールドで結婚式を挙げることが決まっていた。“自分の人生を取り戻したい”と決意したロバートさんは、番組の中で肥満について次のように語っていた。

「今の自分はキャサリンに頼らなければ生きていけないのです。自分で自分のことは何も出来ない。こんな人生を望んでいる人なんていないでしょう。増えてしまった体重によって、身体に相当の負担がかかっているのはわかっています。この状態を抜け出さない限り、メンタルがやられてしまう。感情的になるのもすべてコントロールできない体重のせいなのです。この生活からなんとか抜け出したいのです。」

キャサリンさんはロバートさんの死の2日後、Facebookにこう綴った。

「自分の人生が思い通りにならなくて、ロバートは本当につらかったと思います。亡くなる2か月前は減量が成功していると喜んでいたのに、こんな結果になってしまって…。でも彼の死を無駄にしたくはありません。彼の死から学ぶことはたくさんあると思います。」

「彼のために全力でケアをしてくださった医師、看護師のみなさんには感謝しています。彼は決して一人で旅立ったのではありません。そのことが唯一の救いです。」

ロバートさんの旅立ちの日、キャサリンさんはその手をしっかりと握りしめ、志半ばで逝ってしまった彼にそっと寄り添っていたそうだ。

2018年3月4日 21時11分
Techinsight
http://news.livedoor.com/article/detail/14385852/

続きを読む
おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク