くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

ドラマ・映画・小説

銀魂キャスト発表! 銀時=小栗、新八=菅田将暉、神楽=橋本環奈

1: 2016-08-04 10:15:13 ID:
キャスト発表第二弾❗️小栗旬さんに続き、菅田将暉さん、橋本環奈さん、長澤まさみさん、岡田将生さん、ムロツヨシさん、柳楽優弥さん、吉沢亮さん、中村勘九郎さん出演決定!

no title


坂田銀時:小栗旬
志村新八:菅田将暉
神楽:橋本環奈
土方十四郎:柳楽優弥
近藤勲:中村勘九郎
沖田総悟:吉沢亮
桂小太郎:岡田将生
志村妙:長澤まさみ
平賀源外:ムロツヨシ
(敬称略)

no title



no title
続きを読む

庵野秀明『シン・ゴジラ』が1位!ハリウッド版を上回る快進撃

1: 2016/08/02(火) 20:40:10.26 ID:CAP_USER9
8月1日に土日2日間(7月30~31日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、
日本版「ゴジラ」として12年ぶりに復活した『シン・ゴジラ』が初登場1位を獲得した。

 先月29日の金曜日に初日を迎えた同作は、土日だけで動員41万2,302人、興行収入6億2,461万700円を記録。
これは2014年夏に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が記録した動員33万9,048人、
興収5億844万9,700円を上回る成績。初日を合わせた3日間成績は動員56万4,332人、興収8億4,567万5,500円を記録した。

 客層の男女比は83対17で男性客が多数を占めた。年齢別では20代が22.6%、50代が21.5%、30代が15.3%と続くなど、
40代以上が中心だったハリウッド版よりも幅広い層に訴求。鑑賞動機としては「ゴジラが好きだから」「12年ぶりの日本製ゴジラに期待して」に続き、
「庵野秀明作品だから」という回答も。作品評価が高く口コミも期待できることから、配給元では、興収40億円台も視野に入れている。

 『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ監督がジャングル育ちの英国貴族ターザンの新たな冒険を描いた『ターザン:REBORN』が4位に初登場。
496スクリーンで公開され、動員12万3,734人、興収1億6,076万5,400円を記録した。

 先週首位デビューを飾った『ONE PIECE FILM GOLD』は3位にランクダウンしたものの、動員170万9,909人、興収23億6,410万7,000円を突破。
公開9日目で興収21億円を記録した『ファインディング・ドリー』を抜いて、この夏公開作品の中では最速となる公開9日間での興収23億円突破作品となった。
また、公開3週目の『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は累計動員97万186人、累計興収10億6,293万6,500円となり、興収10億円を突破した。

 今週末は『秘密 THE TOP SECRET』『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』
『ルドルフとイッパイアッテナ』『ニュースの真相』『キャビン・フィーバー リブート』などが公開予定となっている。
(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年7月30~31日の全国映画動員ランキングトップ10】>>0�)内は先週の順位
1(初)『シン・ゴジラ』:1週目
2(2)『ファインディング・ドリー』:3週目
3(1)『ONE PIECE FILM GOLD』:2週目
4(初)『ターザン:REBORN』:1週目
5(3)『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』:3週目
6(4)『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』:4週目
7(5)『HiGH&LOW THE MOVIE』:3週目
8(6)『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』:5週目
9(10)『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』:5週目
10(7)『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』:6週目

http://www.cinematoday.jp/page/N0084995

no title
続きを読む

東京中の不良少年が震えあがった国士館高vs朝鮮高とは? 映画『國士参上!! 昭和最強高校伝』

1: 2016/08/01(月) 15:56:30.58 ID:CAP_USER9
高瀬将嗣監督の渾身の映画「國士参上!! 昭和最強高校伝」が8月6日~11日に渋谷ユーロライブにて公開される。
筆者は監督のご厚意により、前後編の試写会に招待して頂き、その強烈な映画を拝見した。

昭和50年代の不良少年高校生をテーマとした国士舘と喧嘩でライバル校であった朝鮮高校との争いを軸に描いた
要するに2005年に井筒和幸監督が制作した「パッチギ」の反対側からを描いた作品である。
丁度同じ時期に不良少年として遊んでいた筆者にはど真ん中の作品であった。

思いつかないオープニングの曲から始まり圧倒させる。
その後生き生きとした不良少年の青春ドラマには、実際に町の不良少年なら誰もが体験した様な、「不良少年あるある」である。
あんな事もあった、こんな事もあった、と思われる様な描写が数多く描かれていた。

筆者は1973年公開のジョージ、ルーカス監督の「アメリカングラフティ」でバックに流れる音楽に憧れて、車で走りナンパする事に憧れた。

その後1976年公開の柳町光男監督の「ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR」で賛否両論はあろうが、
走りと仲間の連帯を覚えた。しかし、筆者が映画から学んだのはそれらだけの映画ではない。

1977年公開のジョン、バナム監督が制作し、ジョン、トラボルタが主演したサタディナイトフィーバーで、ディスコで踊る事に憧れ、
毎日の様に繁華街に繰り出してディスコを中心とした遊びを知った、喧嘩、ナンパ等である。

この高瀬将嗣監督の映画「國士参上!! 昭和最強高校伝」は、それらの映画を凝縮した作品であり、
それらの映画を見て、甘くて辛い青春時代を過ごした人間には若い頃を思い返せる最高の映画であると考える。
先輩と後輩の絆の強さ、友情の強さを改めて感じさせてくれた映画であった。

映画には様々な人気俳優も登場して、それらの俳優が持ち味を出して、当時の髪形、立ち居振る舞いを忠実に演じている。
又、それらの俳優の持ち味を引き出したのが、この映画の監督であり、数多くの映画の殺陣を指導している高瀬将嗣監督の凄さである。
この映画なら何度見ても飽きない、新たなバイブルの映画を見つけた、という気持ちで試写会を後にしたのである。

http://dailynewsonline.jp/article/1172906/
2016.08.01 12:00 東京ブレイキングニュース

no title
続きを読む

人間の怖さにゾクッとする、後味が悪い映画10選

1: 2016/07/19(火) 23:42:25.35 ID:exOFCu1+0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
映画を見るといろいろな感情が呼び起こされます。なかには「怖い」「哀しい」など、後味悪い感情を残す作品もあります。
しかしそれも作品に人の心を揺さぶる力があればこそ。後味の悪さは、言い換えれば深い感銘とも考えられます。というわけで、
思わず人間って怖いなと思ってしまう映画を紹介してみたいと思います。

■人間の記憶の不確かさを思い知る「シャッター・アイランド」

■フランケンシュタインを生んだ監督はモンスター?「ゴッド・アンド・モンスター」

■精神的にきついシチュエーションが大ヒット「SAW」

■名作ながら後味悪さはナンバーワン?「セブン」

■こんな少女がいたら恐ろしい……「エスター」

■自分の存在を見事に消した最凶のギャング「ユージュアル・サスペクツ」

■人の過去は、一生消えることがない「ミスティック・リバー」

■名作に見るベスト・オブ・精神異常者「サイコ」

■どこまでもプロフェッショナルな凶悪犯「羊たちの沈黙」

■歯止めが効かなくなった狂気「シャイニング」

詳細はソースにて
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160719/Mycom_freshers__gmd_articles_28955.html
no title
続きを読む

3月のライオン:実写映画に有村架純、蔵之介、伊藤英明、加瀬亮、トヨエツら豪華俳優陣

1: 2016/07/07(木) 05:16:39.93 ID:CAP_USER9
まんたんウェブ 7月7日(木)5時0分

羽海野(うみの)チカさんの人気将棋マンガ「3月のライオン」の実写映画に、
女優の有村架純さんが出演することが7日、明らかになった。

有村さんは、神木隆之介さん演じる主人公・零の義姉の幸田香子を演じ
「今までに演じたことのない役柄に挑戦し、毎回密度の濃い撮影でした」と振り返り、
「何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした」
とコメントしている。

有村さんのほか、棋士の島田開役で佐々木蔵之介さん、棋士の後藤正宗役で伊藤英明さん、
天才棋士の宗谷冬司役で加瀬亮さん、川本3姉妹役で倉科カナさん、清原果耶さん、新津ちせさん、
3姉妹の祖父の相米二(そめじ)役で前田吟さん、零を内弟子として引き取ったプロ棋士の幸田柾近役で
豊川悦司さんが出演することも明らかになった。

「3月のライオン」は、中学生でプロデビューした17歳の棋士・桐山零と、川本家の3姉妹の触れ合いを描いたマンガ。
映画は、ある日同じ下町に住む川本家の3姉妹と出会った零が、
数々の対局と温かな人々との交流を通じて、棋士として、人として、ある覚悟を決めていく姿が描かれる。
原作は2007年7月からヤングアニマル(白泉社)で連載されており、
11年に「マンガ大賞2011」と「第35回講談社漫画賞」、14年には「手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。
プロ棋士の先崎学九段が監修、監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が務める。
2017年に前後編の2部作で公開される。

川本3姉妹の長女あかりを演じる倉科さんは「原作はずっと読んでいて、もし演じるなら、
いつかは『あかりさん』を演じたいなっと思っていたので、お話を受けてとてもうれしく、
ただ、とてもプレッシャーに感じました」といい、「プレッシャーを糧にして、楽しみながら演じたい」と意気込んでいる。
次女のひなた役の清原さんは「原作を読んだ時に“どうしてもひなたになりたい”と強く思い、
オーディションを受けました」と明かし、「自分の中に強い芯を持っているけれど、
どこかはかない。そんなひなたを私なりに精いっぱい演じたい」とコメント。

また佐々木さんは「(島田は原作でも)とても魅力的な人気あるキャラクターの一人です。
羽海野チカさんの、原作ファンの皆様のご期待に応えられるのか、島田八段のごとく
胃がキリキリ痛んでおります」と話し、加瀬さんは「将棋の撮影は思ったより過酷で、
スタジオの食堂で食券を渡す時に人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています」と語っている。

なお、今秋からは「<物語>シリーズ」などを手がけた新房昭之監督とアニメ制作会社
「シャフト」の制作によるテレビアニメもNHK総合で放送される予定。


・実写映画「3月のライオン」に出演する(上段左から)佐々木蔵之介さん、伊藤英明さん、加瀬亮さん
. (中段左から)有村架純さん、神木隆之介さん、豊川悦司さん(下段左から)清原果耶さん、倉科カナさん、前田吟さん(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
 index
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000027-mantan-ent.view-000
http://mantan-web.jp/2016/07/07/20160706dog00m200043000c.html
続きを読む

ショーシャンクの空にみたいな後味スッキリな映画教えて下さい

1: 2016/07/02(土) 15:48:59.227 ID:qWvCXgMc0
できれば洋画
index
続きを読む

水谷豊、元“相棒”及川光博との不仲説を一蹴「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」

1: 2016/07/06(水) 11:39:34.76 ID:CAP_USER9
水谷豊、元“相棒”及川光博との不仲説を一蹴「仲を悪くしたい人がいる」
7月6日(水)11時29分配信

俳優の水谷豊が、TBSの音楽バラエティ番組『Good Time Music』に出演。別局の人気テレビドラマ『相棒』にて、
同番組MCの及川光博と共演していた水谷は、及川とともに撮影当時のエピソードを振り返った。

かつて水谷が主演していたドラマ『熱中時代』の大ファンだったという及川。
その熱烈な思いだけに、オファーが来た時に及川は「絶対に犯人役だと思っていました。
『相棒』役って、わけがわからなかった」と驚いたという。
そんな思いを汲んでか、水谷は劇中の設定に対して「いつでもまた会えるようにしてほしい」という思いがあったと明かす。
そのため、同作で及川演じる神戸尊がいつでも再び登場できるような人物設定にしてもらったことを告白した。

また、ドラマ収録時には水谷と及川に「不仲説」が流れ、打ち上げ時には一言もしゃべらなかったと
噂されていたことに水谷は「歴代みんな仲悪くされちゃうんですけど、仲を悪くしたい人がいるんでしょうね」と一蹴。
さらに打ち上げについて「あの時はずっと一緒にくっついて話しっぱなしだった」とのこと。
水谷と及川の仲睦まじい様子を見て、MCのAmiは「見てて思ったんですけど、(距離が)近いなって。
チューしちゃうんじゃないかなって」とツッコミ、笑いを誘う。

また、及川がのちに妻となった女優・檀れいとの初共演を果たした『相棒』において、水谷は当時及川が
まだ独身だったことを聞き「この撮影の間で、だれかお似合いの人が見つかると思うよ、と言っていました」と、
及川の運命の出会いを予感していたらしい。及川と檀の関係を気付いていたのかは明言しなかったものの
「お似合いだと思っていました」と当時を振り返っていた。
f47f0f1f2864550f96f81603127ddee3
Yahoo!ニュース(クランクイン! 7月6日(水)11時29分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00044095-crankinn-ent
続きを読む

『子連れ狼』がハリウッドでリメイクへ

1: 2016/06/29(水) 21:42:48.53 ID:CAP_USER9
2016/06/29 16:19

『子連れ狼』がハリウッドでリメイクされる模様。
米エンターテイメント誌Varietyによれば、田村正和主演の映画『子連れ狼 その小さき手に』(1993年)
のハリウッドリメイクが企画されているとのこと。

ハリウッド実写版『攻殻機動隊/Ghost In The Shell』のプロデューサーのひとりである
スティーヴン・ポールが企画しているもので、彼の会社SPインターナショナル・ピクチャーズが
『子連れ狼 その小さき手に』のリメイクと続編を製作する権利を原作・原案者である小池一夫の
小池一夫劇画村塾から獲得しているとのこと。

プロデューサーはハリウッド実写版『攻殻機動隊』とは異なり、
日本人をメインにキャスティングする考えを持っているようです。
撮影は2017年よりタイや中国で行われる予定です。

[source] http://variety.com/


・子連れ狼 その小さき手に
no title

http://amass.jp/74757/
続きを読む

人生で一番泣いた邦画ランキング 1位「世界の中心で、愛をさけぶ」、2位「永遠の0」、3位「いま、会いにゆきます」

1: 2016/06/12(日) 18:52:41.37 ID:CAP_USER9
人生で一番泣いた映画は何ですか?
一般用点眼薬「ソフトサンティアシリーズ」を販売する参天製薬が、20代~40代の女性3,000人を対象に、
2000年以降に公開された日本映画の中から「最も泣けた映画」を調査した結果を発表しています。
最も日本女性を泣かせた作品は果たして…?さっそく結果をどうぞ!

女子が選ぶ涙が止まらない映画ランキング

1位:世界の中心で、愛をさけぶ
2位:永遠の0
3位:いま、会いにゆきます
4位:海猿
5位:ALWAYS 三丁目の夕日
6位:犬と私の10の約束
7位:そして父になる
8位:手紙
9位:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
10位:涙そうそう



堂々1位に輝いたのは、2004年に公開された”セカチュー”こと『世界の中心で、愛をさけぶ』。
白血病の少女と、少年の切ない恋愛を描いたラブストーリーで、
原作小説の帯に採用された柴咲コウのコメント「泣きながら一気に読みました。」がきっかけに話題になり、ベストセラーに。
その後、大沢たかお、柴咲コウ、森山未來ら主演で映画化され、役者陣の熱演が「あまりに涙を誘う!」と絶賛されました。
今や大女優である長澤まさみの出世作でもあります。

2位は、岡田准一、三浦春馬主演で2013年に公開された『永遠の0』。
戦争、そして愛をテーマにした壮大なストーリーに、思わず涙した女子が多数。
岡田准一らの名演が評価され、第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しています。
見ごたえのある日本映画を鑑賞したい…!という方にオススメですよ。

3位は、竹内結子と中村獅童主演の『いま、会いにゆきます』。
こちらもセカチューと同じく2004年公開で、主演の二人が結婚したきっかけになった作品でもあります。(その後離婚してますが)
死んだはずの妻がなぜか目の前に現れて…というファンタジー調の切ないストーリーと映像美にやられ、
筆者も当時ラストシーンでボロボロ泣いたのを覚えています。

http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/gooranking/news/20160611/gor1606111154002-n1.htm
index
詳細
https://santear-sekanami.jp/ranking/
続きを読む

『銀魂』が2018年に小栗旬主演で実写映画化へ!

1: 2016/06/12(日) 22:36:15.02 ID:CAP_USER9
おたぽる6月12日(日)22時0分

「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気マンガ『銀魂』(共に集英社)が、小栗旬主演で実写映画化することが分かった。
関係者によれば間もなくクランクインを迎え、公開は2018年を予定しているという。
 空知英秋氏の原作で2004年に連載開始した『銀魂』。天人と呼ばれる異星人がいる江戸の街を舞台に、
主人公・坂田銀時や個性豊かな仲間たちが繰り広げるSF×コメディマンガだ。ギャグや過激なパロディ要素を含みながら、
時にシリアスストーリーを展開して涙を誘うストーリーが人気で、コミックス(既刊64巻)は累計発行部数5000万部を突破(16年5月時点)。
これまでに複数回テレビアニメ化されており、劇場版アニメも2度公開している。
「近年の『ジャンプ』の傾向を見てみると、14年のマンガ最終話直後にアニメ映画『BORUTO』が公開された『NARUTO -ナルト-』や、
アニメに実写映画とほぼ同時にストーリーが進行した『暗殺教室』など、映像作品との連動企画が王道パターンとなっている。
実は『銀魂』は1年以内に最終回を迎える予定で、それに合わせて実写映画化が発表される見込みです」(出版関係者)
 実際、昨年12月の「ジャンプフェスタ2016」で発表された空知氏のコメントでも、16年から『銀魂』が最終章に
入ることが示唆されていた。これまでも『銀魂』は何度も“終わる終わる詐欺”でファンを驚かせてきたが、
今回こそ本当の終焉に向かっているようだ。
「実写版『銀魂』が公開予定の18年には、『ジョジョの奇妙な冒険』など複数のジャンプ漫画が実写映画化されるとあって、
関係者の間でも話題を集めています。しかし、『銀魂』で主演する小栗に関しては14年の『ルパン三世』で
好成績を収めているものの、人気マンガやアニメの実写化は総じて批判を受けやすい。今後続々と発表されるであろう
実写化作品に、それぞれの原作ファンがどのような反応を示すのか、少々不安も残ります」(同)
 ジャンプ作品の実写化では、佐藤健主演で12年と14年に公開した『るろうに剣心』が大ヒットを記録している。
映画界が編み出した“人気マンガとの連動”という新たな手法だが、果たしてどこまで通用するものなのだろうか?
198739c9
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0612/ota_160612_5343440298.html
続きを読む

「ジョジョの奇妙な冒険」が山崎賢人で実写化?ファンからは「実現不能」の声

1: 2016/06/01(水) 07:04:57.70 ID:CAP_USER9
最近、一部メディアが「週刊少年ジャンプ」で掲載された「ジョジョの奇妙な冒険」に実写化の動きあると報じ、ファンが騒然となっている。

「ジョジョ」といえば、多くのディープなファンがいることで知られ、これまでも幾度となく実写映画化の噂があったものの、
一度も実現したことがない“超大物”作品。
数年前には嵐の松本潤主演で実写化されるという“奇妙”なほど現実味のある噂が流れたこともある。

「今回の報道では、山崎賢人が主人公のジョジョを演じるとされています。
『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』『ちはやふる』など、今の映画界は漫画原作がブームですし、
『ジョジョ』の実写化も十分ありえそうな話です」(映画ライター)

ネット上では、山崎がジョジョのイメージに合わないという声も殺到しているが、
それ以前に「そもそも実現が不可能」という意見が多く聞かれる。漫画誌の編集者が解説する。

「これまで何度も実写化が噂されながら実現してこなかった理由の一つが、邦画の予算で『ジョジョ』の世界を実写化するのは無理だからです。
今回、映画化の話が浮上しているのは原作の第3部ですが、このシリーズは日本から東南アジア、
中東を通ってエジプトを目指すという壮大な物語。
とんでもなくお金かかかります。となると、物語を端折っていきなりエジプトあたりから始まるということになりかねません。そんな『ジョジョ』なんて誰も観たくないでしょう」

また、第3部は過去に深刻な問題が起きている。
2001年にアニメ化されているのだが、悪役がイスラム教の聖典であるコーランを読みながら、
主人公の殺害を命じたシーンがイスラム教に対する侮辱だとして大問題に発展したのだ。

「中東では『テレビ局を爆破しろ』という過激な意見まで出たそうで、原作コミックスやアニメDVDが出荷停止になりました。
同じ過ちを繰り返すことはないでしょうが、製作にあたりナイーブにならざるをえないのは間違いありません」(前出・漫画誌編集者)

はたして、それでも実写化に踏み切るのか?

http://dailynewsonline.jp/article/1138377/
2016.06.01 05:59 アサ芸プラス

no title
続きを読む

ダニエル・クレイグ『007』引退の意志固く…100億円超のオファー断る

1: 2016/05/19(木) 23:19:10.15 ID:CAP_USER9
過去4作品で人気スパイシリーズ『007』の主人公ジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが、
6,800万ポンド(約108億8,000万円・1ポンド160円計算)でもう2本、ボンド役として出演してほしいというオファーを断ったという。

 同社関係者は Daily Mail 紙に「ダニエルは純粋にやりきったんです。MGMの幹部と『007 スペクター』の後に話したみたいです。
幹部はダニエルにかなり高額の金額を提示していましたが、ダニエルは(続投を)望みませんでした」と語ったという。
また「彼は撮影後、みんなにこれが最後になるって言っていました。
会社は『007 スペクター』の後も金額次第で交渉ができると考えていたようですが」とも続けたとのこと。

 ここ数か月間映画業界では、誰が新たなボンド役に抜てきされるのかという憶測が常に飛び交っていた。
つい先週にはイギリス人俳優のトム・ヒドルストンが、
サム・メンデス監督やプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとロンドンでミーティングしていたという報道が出て、
彼こそが次のボンド役なのではないかといううわさが出たばかりだ。

 昨年ダニエルは、『007 スペクター』のインタビュー中に再びボンドを演じるくらいであれば「手首を切った方がマシ」と答えたことがあり、
もし今後も『007』シリーズに出るとするのならばお金のためであるとも発言していた。
ダニエルの『007』続投は今も未定といったところだが、
すでに彼は20エピソードあるテレビドラマ「ピュアリー(原題) / Purity」への出演契約を交わしている。
(BANG Media International)

http://www.cinematoday.jp/page/N0082808

no title
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク