くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

政治・経済

小池百合子都知事に金銭スキャンダル 当選翌日に不自然な“3億円”

1: 2016/09/14(水) 13:40:36.02 ID:CAP_USER9
 今年8月の東京都知事就任以降、その手腕が注目を集めている小池百合子氏(64)に吹き出した “政治とカネ”の問題を、9月14日発売の「週刊新潮」が報じる。

 疑惑が持ち上がったのは、練馬区にある小池氏の自宅を含む、複数の物件をめぐる金銭の動きについてである。

「エコだハウス」と命名されたこの自宅には、現在、小池氏の大臣時代の政務秘書官で、一時は公設第二秘書も務めた水田昌宏氏が同居している。かねてより小池氏の親戚であると述べている水田氏は、政治資金管理団体の代表を務めるなど、小池氏の金庫番といえる人物。「エコだハウス」の共有者にもなっている。

 この「エコだハウス」、そして水田氏が所有する「外神田のビルの1室」「高崎市のマンション」を担保として、みずほ銀行が3億3000万円の根抵当権(複数の債権を担保する権利のこと)を設定したのは都知事選の翌日のことだった。が、「外神田」の物件以外は、その日に根抵当権を解除。資産価値2000万円ほどのビルの1室が、3億円もの担保になっている異様な状態なのだ。

 みずほ銀行は、東京都の指定金融機関でもある。

「都知事のポストを巡り、利権を享受しようとする思惑が本当になかったのか、と都民に疑問を持たれても仕方がない」(政治評論家の浅川博忠氏)

 さらには水田氏の「高崎市のマンション」についても不可解な動きが。9月14日発売の「週刊新潮」では、7ページにわたって疑惑を追及する。
index
「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00512412-shincho-pol
続きを読む

蓮舫氏「台湾籍が残っていた」とおわび 民進党代表選は「日本人だから」と辞退せず

1: 2016/09/13(火) 14:24:17.94 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑に関し、
「17歳で放棄したと認識していた台湾籍が残っていた」と明らかにし、「記憶に頼って発言したことが
混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。国会内で記者団に述べた。

 蓮舫氏側は今月6日、台湾当局に国籍を放棄する書類を提出しており、現在手続きが進められている。

※引用元(産経新聞 9月13日10時55分 更新配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000522-san-pol

 蓮舫氏は台湾当局に確認していたところ、大使館にあたる台北駐日経済文化代表処(東京都港区)から
12日夕に連絡があったと説明。「いま台湾当局に籍を抜く届け出をしている。手続きが完了すれば確定される」とした。

 代表選については「日本人だから制限はない」と述べ、立候補を取りやめる考えはないことを強調。
「スピーチの中で、皆さんに届く言葉でしっかり説明したい」と語り、15日の臨時党大会で、国会議員らが
投票する前に行う候補者演説の中でこの件を説明する考えも示した。

※引用元(朝日新聞 9月13日11時17分)
http://www.asahi.com/articles/ASJ9F3G3QJ9FUTFK003.html
続きを読む

それではここで、ニヤニヤしながら「謝罪会見」する蓮舫さんのご尊顔をご覧下さい

1: 2016/09/13(火) 12:09:10.92 ID:9WpPbBpf0● BE:565421181-2BP(3000)
 index
記者会見で自身の台湾籍について釈明する民進党の蓮舫代表代行=参院議員会館で2016年9月13日午前10時39分、森田剛史撮影

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000028-mai-pol.view-000

グーで殴りてぇ
続きを読む

【民進党代表選】涙ながらに訴える玉木氏に「男が泣くな!」と蓮舫氏が一喝 「これ男女差別では?」「セクハラだろう」と指摘続々

1: 2016/09/10(土) 23:20:59.09 ID:CAP_USER9
■ 前原氏は謝罪、玉木氏は涙、蓮舫氏「男が泣くな」 
 (16/09/08 テレビ朝日動画ニュース)
https://www.youtube.com/watch?v=Hv_ZiRV7xfk



■ 「男が泣くな」蓮舫議員の発言は男女差別ではないのか?指摘が続々
 (2016/9/8 21:00  BuzzNews)

9月7日の民進党代表選候補者集会で、蓮舫議員が玉木雄一郎議員に「男が泣くな!」と一喝しましたが、
これが男女差別発言ではないかとして問題視する声が大きくなっているようです。

この集会で玉木議員は、旧民主党時代の政局運営について謝罪した前原誠司議員を涙ながらに庇っていましたが、
蓮舫議員はこれについて「玉木君、男が泣くな!」と述べていました。 「玉木君、男が泣くな!
(満面の笑顔)泣きたい思いをして、時には涙を流して、私達のいい時も悪い時も応援してくれてきたのは党員サポーターの皆様です。」

no title

蓮舫議員は「男が泣くな!」発言の直後、満面の笑みを浮かべ(上記画像) これが玉木議員を叱責したわけでは
ないことを窺わせてはいたものの、「男女差別発言ではないのか」との批判が増えているようです。

「男が泣くな」―――つまり「男は男らしくしていろ」と言わんばかりのこの発言が、仮に男性が女性に対し
「女は女らしくしていろ」という形で発せられていたとすれば世論からの猛反発を受けていただろうことは想像に難くないでしょう。

そう考えれば、蓮舫議員の発言がスルーされるべきではないと言え、「不適切だ」「無神経だ」といった批判が出るのも致し方ありません。
ネットでは次々と蓮舫議員に対する批判が出ています。
・ 「『男が泣くな』は明確にセクハラ発言です」
・ 「男かどうかは関係ないだろう」
・ 「『女が喚くな』と言えばセクハラだよね?同じことでしょ」
・ 「性別による感情の抑圧を促すとか性差別として大問題」
・ 「人権団体はいつもみたいに騒げよ。問題だぞこれは」
・ 「自民党の男性議員が女性議員に似たようなこと言ったら大騒ぎだろう」
・ 「これが性差別発言じゃないならこう言うよ『女がでしゃばるな』」
・ 「女性差別撤廃っていうのは男性を差別してもいいってことなのか?」
・ 「こういう無神経な人間に限って男女差別を批判するんだよな」
・ 「都議会の『結婚しないのか』と同種の問題じゃないのか?」
・ 「これは差別じゃないの?教えてよいつも騒いでる人たち」
http://www.buzznews.jp/?p=2102379
続きを読む

蓮舫氏 「ネット上で、私の息子と娘の名前が中国風でおかしい、という書き込みがあった。ヘイトスピーチだ」

1: 2016/09/09(金) 10:11:00.86 ID:CAP_USER9
国籍放棄問題の渦中にある蓮舫氏、単独インタビュー


民進党代表選に立候補している蓮舫代表代行(48)について、台湾籍を放棄しているかどうか問題となっている件で、
本人の蓮舫氏が8日、Yahoo!ニュース編集部の単独インタビューに応じ、この問題の経緯などについて詳細な内容を明らかにした。

蓮舫氏は15日に投開票が行われる民進党代表選で優位な戦いを進めており、
民主党時代を通して初めての女性代表が誕生する可能性も高まっている。

一方で、「二重国籍」ではないかという指摘によって、将来の首相を目指す立場になる党代表としての適格性を疑問視する意見や
報道も出ており、その「真実」に対する関心が集まっている。(ジャーナリスト・野嶋剛/Yahoo!ニュース編集部)

地方遊説の合間を縫って東京に戻った蓮舫氏は、8日、永田町の参議院会館事務所でインタビューを受けた。
トレードマークの白いスーツは相変わらず。一連の国籍放棄問題について、手元にそろえた古い国籍関係の資料も参照しながら、記者の質問に一つずつ答えた。


――これまでのメディアの取材で「生まれたときから日本人だった」と語ったことがありましたが。

この間、ネットなどで私の家族を攻撃するような、いわれなき書き込みがあったので、
あえて私の気持ちとしては日本で生まれて育って日本の風土で育まれたという気持ちを話しました。ですが確かに法律上は17歳から日本人になっています。


――ちなみに息子さんお二人の国籍はいかがですか。

完全な日本人です。夫は日本人で、日本人同士の結婚になっていますから。

――ご家族にもバッシングが向かったと主張されていますね。

ネット上で、私の息子と娘の名前が中国風でおかしい、という書き込みがありました。しかし、名前は個人のアイデンティティです。
親が娘や息子に対して思いをもってつけてあげた名前をヘイトスピーチ的に否定されるのは耐えがたい気持ちになりました。


――夫の姓である「村田蓮舫」で選挙に出るべきだという指摘もありましたね。

私は謝蓮舫でしたし、(日本の国籍取得後は)斉藤蓮舫でもありました。結婚して村田蓮舫にもなりました。そのなかで唯一変わっていないのは蓮舫という名前です。
その名前を使って芸能界でデビューし、ニュースキャスターもやらせていただきました。蓮舫という名前を使って政治活動を行っていることには何の違和感もないものです。
http://news.yahoo.co.jp/feature/349
続きを読む

蓮舫氏、過半数の勢い 初回投票で決着か

1: 2016/09/08(木) 07:23:21.12 ID:CAP_USER9
毎日新聞 9月8日(木)7時20分配信

<民進代表選>蓮舫氏、過半数の勢い 初回投票で決着か

民進党代表選の情勢

 毎日新聞は7日、民進党代表選(15日投開票)について、党所属国会議員、国政選挙公認候補予定者の動向を調査した。また党員・サポーター票と地方議員票の状況を都道府県連幹部らに取材し情勢を探った。蓮舫代表代行(48)がいずれでも優勢に立ち、前原誠司元外相(54)が追う。玉木雄一郎国対副委員長(47)は厳しい。蓮舫氏は総ポイント849のうち過半数を得る勢いで、上位2人による決選投票にならず、1回目の投票で決着する可能性が出てきた。

 代表選では、国会議員は1人2ポイントで147人に計294ポイント、公認予定者には1人1ポイント、118ポイントが割り当てられる。地方議員(約1600人)は計206ポイント、党員・サポーター(約23万5000人)は計231ポイントを比例配分する。

 国会議員では蓮舫氏と答えたのが64人で、国会議員票の4割強を固めた。特に参院では25人と半数の議員から支持を受け、他の2候補を圧倒。リベラル系の赤松広隆元農相、旧民社党系の両グループから支援を受けたため、参院比例代表の連合組織内候補を固めた。また党内に影響力のある衆院当選7回以上のベテラン18人のうち、岡田克也代表ら10人が支援に回った。

 一方、前原氏は35人を固めた。前原グループが12人と最多で、大畠章宏元経済産業相グループは8人が支持する。前原グループの基盤がない参院は6人にとどまり、蓮舫氏に大きく差を付けられた。玉木氏は22人を固めたが、推薦人の他は広がりに欠ける。

 また公認予定者で支持を明確にしたのは、蓮舫氏40人、前原氏28人、玉木氏3人。このほか態度が判明していない議員が11人、公認予定者は23人いる。

 一方、地方票では、党員・サポーター、地方議員票とも蓮舫氏が6割程度取る見通しだ。大半の都道府県で蓮舫氏が優勢で、岡田氏の地元・三重や蓮舫陣営幹部のいる山形などは、党員票を総取りする可能性がある。愛媛県連幹部は「蓮舫氏に応援に来てほしい人は多い」と語り、北海道連幹部は「一般党員は蓮舫氏の人気が高い」と話した。また「発信力が抜きんでている」(広島県連幹部)など、低迷する党のイメージ刷新を期待する声が多い。【野口武則、朝日弘行】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000011-mai-pol
続きを読む

蓮舫「"生まれた時から日本人"でいたいなという意味で言った。法的には昭和60年から日本人」

1: 2016/09/07(水) 12:35:13.86 ID:q/d64/nB0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
蓮舫氏 改めて否定 「未成年者は両親と手続き行う」 満20歳規定との整合性を強調

 民進党代表選(15日投開票)に立候補した蓮舫代表代行は7日、産経新聞などとのインタビューで、
17歳だった昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍を放棄したとして、いわゆる「二重国籍」
疑惑を改めて否定した。その上で、台湾の「国籍法」で国籍喪失の条件とされる「満20歳」規定との
整合性については「未成年の場合には父か母、両親と(手続きを)行うとなっており、整合性がある」と述べ、
法律上は問題ないとの認識を示した。

 3日の読売テレビ番組で「生まれたときから日本人」と発言したことについては「生まれ育った
日本で、ずっと日本人でありたいという思いで強く言ったが、法律的には昭和60年から日本人だ」と修正した。

 首相を目指す立場となる野党第一党の代表としての資質を問われると、
「生まれ育った日本に誇りを持っているし、愛している。その部分では国籍法に基づいて正式な手続きで、
日本人になった。台湾籍も放棄している。ここに尽きる」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/160907/plt1609070014-n1.html
続きを読む

民進党代表選 蓮舫代表代行、台湾籍の除籍手続き取る 「二重国籍」問題で「確認取れない」

1: 2016/09/06(火) 18:29:18.21 ID:CAP_USER9
 民進党の蓮舫代表代行は6日、高松市での記者会見で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」疑惑について、「いまなお確認が取れない」と述べ、
6日に台湾当局に対し、現在も台湾籍があるか確認手続きを取り、同時に台湾籍を放棄する書類を提出したことを明らかにした。台湾籍が残っていた可能性は完全に否定しきれなくなり、
出馬した党代表選(15日投開票)にも大きな影響を与えそうだ。

 蓮舫氏は会見で「昭和60年1月21日に日本国籍を取得し、合わせて台湾籍を放棄を宣言した」と説明した。手続きは、台湾の大使館的な役割を担う台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾人の父と行ったという。
ただ、「(台湾当局者と)台湾語でやりとりが行われ、どういう作業が行われたのかまったく覚えていない」としている。

 蓮舫氏は当時17歳。台湾の「国籍法」11条によれば、自己の意志で国籍を喪失できる条件を「満20歳」と規定しており、この時点では台湾籍を除籍できなかった可能性がある。

 蓮舫氏の関係者は6日、台北駐日経済文化代表処を訪れ、台湾籍が残っているか確認を求めた。同日に除籍を申請したのは、今でも台湾籍が残っているか確証が持てないための措置とみられる。

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/160906/plt16090618170020-n1.html
続きを読む

蓮舫氏「私はバリバリの保守」「私は日本国籍を取得した。私は日本人だ」

1: 2016/09/02(金) 09:44:46.13 ID:CAP_USER9
民進党代表選に出馬する蓮舫代表代行に、目指す党運営や共産党との連携関係などを聞いた。

--出馬の動機は。党代表として何を目指すのか

民進党は衆参合わせて党所属議員は約150人。ここからもう一回再生していくのは相当困難な道だ。
私は参院議員で、政治経験も12年しかない。ただ私たち次世代がきっちり立ち上がらなければいけないというのが判断の理由だった。

安倍晋三首相の経済政策は、効率的に機能した時代もあったと思う。
しかし今は、人口が増えてモノが売れ、企業が成長して設備投資-という昭和の時代とは真逆になった。
安倍政権がいう(国内総生産)「実質年2%成長」はもっと現実的に見なければならない。

同じ財源なら、もっと違う使い方をしようというのが私の考えだ。
つまり人への投資。特に今後負担が大変増えてくる世代を大切にしたい。
結婚もできなければ仕事も不安定で収入も薄く、人生の先が見えるような選択を、大学生時代から押しつけるような国の景色を変えたい。

(省略)

--同僚議員は「蓮舫氏は保守の面がある」というが、違う見方がある

私はバリバリの保守。野田佳彦前首相ばりの保守だ。

例えば、安倍政権の安全保障法制は、いいものと悪いものが玉石混交だった。
人の行動の可能性で戦争に巻き込まれることは否定できない法案だったが、その途中を全部端折って「戦争法案」というのはむしろミスリードする言い方だったと思っている。
だからこそ、私たちは(武力攻撃に至らない「グレーゾーン」事態に対処するための)領域警備法にこだわっている。
ホルムズ海峡までいく話でなく、集団的自衛権よりは個別的自衛権をどう確保していくかという話だ。

(省略)

--台湾と日本との「二重国籍」ではないかという報道があるが

報道を見ていないので質問の意味が分からないが、私は日本国籍を取得した。私は日本人だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000080-san-pol

インタビューに答える民進党の蓮舫代表代行
20160902-00000080-san-000-7-view
続きを読む

蓮舫氏「岡田代表はつまらない男。私にはユニークさがある」 代表選へ決意 細野氏や執行部らが支援へ

1: 2016/08/23(火) 19:37:19.28 ID:CAP_USER9
 来月行われる民進党の代表選挙に名乗りを上げた蓮舫代表代行が外国特派員協会で
講演し、初の女性代表の実現に向け、決意を強調しました。

 「メダルを取った選手の皆さん、本当におめでとうございます。リオ(オリンピック)の戦いの応援、
 この後はパラリンピックの戦いの応援、私の戦いはその後の9月ですから、まだ終わりません」(民進党 蓮舫代表代行)

 外国の特派員を前にリオオリンピックの話題で場を和ませる蓮舫氏。挨拶の最後は
「私は岡田代表が大好きです」と持ち上げながらも、自分を強くアピールです。

 「1年半(岡田代表と)一緒にいて、本当につまらない男だと思います。人間にはユニークさが大事です。
 私にはそれがあると思います。ぜひ皆さんのご支援いただければ!」(民進党 蓮舫代表代行)

 これに先立って蓮舫氏は、旧維新の党グループを率いる江田代表代行やリベラル系のグループを率いる赤松前衆院副議長と相次いで会談。
赤松氏は蓮舫氏を支援する意向を表明しました。代表選をめぐっては、岡田氏ら現在の執行部を中心に、細野元環境大臣も蓮舫氏を支援する意向で、
初の女性の代表を目指す蓮舫氏が優勢となっています。

 こうした中、前原元外務大臣も立候補を模索しています。ただ、民主党時代に代表の経験もある前原氏が惨敗すれば、
政治的なダメージは大きく、支持を広げられるか情勢を見極めていて、今後、前原氏の動向が焦点となりそうです。
8月23日(火)19時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160823-00000043-jnn-pol
続きを読む

身長170センチのハーフ美女議員・小野田紀美氏の熱血すぎる素顔

1: 2016/08/03(水) 08:57:38.62 ID:CAP_USER9
臨時国会が1日召集され、7月の参院選で当選した新人議員が初登院した。
自民党は「SPEED」の今井絵理子氏(32)やビーチバレー元日本代表の朝日健太郎氏(40)らに注目が集まるが、ポテンシャルの高過ぎる“大型新人”も発掘していた。
身長170センチでスタイル抜群のハーフ美女・小野田紀美氏(33=岡山選挙区)で、その驚くべき熱血素顔は――。

「底抜けに明るい元気印の新人がいるらしい」「とんでもない経歴の持ち主」と謎のベールに包まれていた小野田氏がついに国会デビューした。
国会議事堂をバックにした第一声は「東京に来て、大学に入った時から、国会の前を通るたびに『今、会いに行きます』とずっと言い続けていたんです。
『やっとそばに参りました』という感じです」とガッツポーズで喜びを表した。

リサ・ステッグマイヤー似の小野田氏は、米国人の父親と日本人の母親との間に米シカゴで生まれ、1歳の時に岡山県瀬戸内市邑久町に移り、高校まで同地で育った。
拓殖大卒業後、ゲーム制作会社を経て、5年前に東京都北区議会議員に当選。
参院選で岡山選挙区から出馬するために2期目だった区議を辞職し、一発当選した。

そんな小野田氏は小学生の時から政治家を志していたという。
「私は小さいころから国と結婚するつもりだったんです。卑弥呼になりたかった(笑い)。正義の味方になるには、理不尽なことが起きない世の中をつくるのが一番だと」

その意気込みはこの日の白いスーツ姿にも込められていた。
「『国と結婚する』と言っていたので、ウエディングドレスだと思って、白のスーツを買いました。本当は指輪も買おうとしたんですけど、それは周囲から全力で止められましたけど…」。
ちなみに小野田氏は独身なので国と“結婚”してもなんら問題はない。

国政への思いはあふれるばかりだが、その身体能力もハンパではなかった。
プロフィルの特技欄には「格闘技」。「あまりいい話じゃないんですけど、この外見で田舎出身なのでよく囲まれて殴られていたんです。
それに対抗するうちに強くなりました(笑い)。ストリートファイトですね」

小中学時には相撲や空手の全国大会に未経験ながらも参加した。
「どれくらい強いんだろうと腕試しで挑戦したら初参戦初優勝。もともとスペック高いのもあったんですが…。
今は特技としているのは、もう戦う必要がありませんから(笑い)」

国会では論戦だけでなく、時には肉弾戦が繰り広げられることもある。
国会史上最長身となる199センチの朝日氏と並んで、“ツインタワー”として野党のブロック役も期待されるが、小野田氏は「国会は議論する場で、乱闘とかは小学生に見せられません。
ダメです。殴り合いをするなら場外でお願いしたい」と議場を汚すのは決して許さない。

「地方自治とはまた違うので、部会に片っ端から出て、勉強したい。
農林水産、地方創生、教育、福祉にしても正直者が理不尽な目に遭わないように一つひとつ課題を解決したい」と意気込んだ小野田氏。
既に存在感は抜群で、パワーみなぎるハーフ議員の今後に注目だ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/574070/
2016年08月03日 07時00分

no title

no title

no title

https://pbs.twimg.com/media/ClIjzJdUoAE8wX8.jpg
続きを読む

<小池都知事始動!>都議会のドン、内田茂都議は欠席 都議会自民の重鎮「あなたの要望に応える必要はない」写真撮影拒否

1: 2016/08/03(水) 08:47:12.41 ID:CAP_USER9
「291万票の責任を感じている」。東京都政の新たなかじ取り役となった小池百合子知事(64)は2日、
初登庁した知事室で意気込んだ。

小池氏から「都議会のドン」と呼ばれた自民党の内田茂都議(77)は都連幹事長を引責辞任する意向を固めたが、
都議会自民党はあいさつ回りにきた小池氏を“冷遇”。小池都政は波乱含みの船出を迎えた。

「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」。あいさつのため議長室を訪れた小池氏に対し、
都議会の川井重勇議長(自民)は報道陣の前でクギを刺した。

報道陣から小池氏と並んだ写真の撮影を求められると
「あなた(報道陣)の要望に応える必要はないから」と拒否し、「どうもご苦労さまでした」と小池氏に退室を促した。

その後、自民党控室では幹事長と政調会長が不在で、ナンバー3の高橋信博総務会長ら2人が対応。
「よろしくお願いします」と握手したが、滞在は約30秒と短かった。

高橋氏は「たまたま、ここにいたので(対応した)。それ以上のものは何もない」。
幹事長、政調会長が対応した他会派との対応の差が浮き彫りになった。

背景には小池氏と内田氏の確執がある。都知事選では、内田氏が影響力を持つ自民都連執行部が小池氏の推薦は認めず、
元総務相の増田寛也氏の推薦を決定。内田氏らの名前で、所属議員本人に加え、親族が増田氏以外を応援した場合にも処分の対象になるとする文書も出した。

「話もしたくないからね」。内田氏は都知事選が告示された7月14日、増田氏の選挙事務所で産経新聞の取材に対し、小池氏への不快感を口にしていた。

小池氏が都議会の冒頭解散を掲げたことに「そんなことできるわけないよ。
あまりにも地方自治を知らないよね。今まで都政の都の字も言ったことないよ、あの人。知事という職につきたいだけ」と批判した。

都連幹事長の後任には、内田氏に近い高島直樹都議の名前も挙がるが、増田氏陣営で選対本部役員を務めたため、慎重論もある。
一方、自民関係者は内田氏の政界引退の可能性については「余人をもってかえがたい」とし、否定的な見方を示している。

産経新聞 8月3日(水)0時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000500-san-pol

写真
no title
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク