くちびる速報

くちびる速報とは 2ch掲示板から気になった記事をまとめるブログです。

  
  


  
  

ミステリー・超常現象

「お、お前、なんでいるのーー!」なぜここに… 廃墟の撮影中に出会った「いるはずのないもの」

1: 2017/08/09(水) 13:40:02.96 ID:CAP_USER9
・廃墟に「いるはずがないもの」が写った動画がTwitterで話題になっている
・廃墟の中に馬がおり、の~んびりした風体が雰囲気をぶち壊しにしている
・投稿者は「いるはずのないものが撮れて、死ぬほどびっくりした」とつづった

◆廃墟で出会った「いるはずのないもの」
https://twitter.com/inabawataru/status/893427983708372992

写真集のために10年以上廃墟を撮影してきたけど、初めて居る筈が無いものが撮れて死ぬほどびっくりした。
20:06 - 2017年8月4日

お、お前、なんでいるのーーーーー!!!

もう、人はいない場所…物哀しさしか残されていない廃墟に、いるはずがないもの。

の~んびりした風体が、廃墟の雰囲気をぶち壊しにしていて、最高にシュールです!

稲葉さんが「死ぬほどびっくりした」と語るのも、分かります…。

配信2017年8月5日
grape
http://grapee.jp/370316
続きを読む

Twitterの「#夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください」ってタグでみんな震えましょう!

1: 2017-07-10 13:56:26 ID:
続きを読む

【UMA】クマのような大型動物が目撃される 兵庫

1: 2017/05/11(木) 17:08:07.66 ID:CAP_USER9
5月10日(水)午後9時00分頃、兵庫県美方郡新温泉町芦屋宇津野橋付近の路上において、熊のような大型動物が目撃されました。
外出の際は、ご注意いただき、目撃した場合は、すぐに110番通報して下さい。

http://hyogo-bouhan.net/criminalCase/detail.do;jsessionid=A26A3E1723F8A5FB1E5CE78E20EDF2E7?topicId=23574&top=true
続きを読む

ミステリーサークルを20年研究した科学者が明かす「真実」

1: 2017/04/07(金) 02:56:30.28 ID:CAP_USER9
いまでは、人の手によって作られたという説が濃厚になっている『ミステリーサークル』だが、最近になって科学者が「未来のエイリアンによって作られた、地球人への秘密のメッセージだ」と発表し、騒動になっている。
ここ数年、イギリスでもっとも多くできるパターンのミステリーサークルを、ホレス・ドリュー化学博士が研究した結果、「エイリアンのメッセージだ」という結論に至った。

ミステリーサークルというのは日本だけの呼び方で、世界的には『クロップサークル』と呼ばれている。
ほとんどはイギリスで発生するもので、誰も見ていないうちに穀物畑の一部の穀物が倒され、畑に複雑な模様が出来る現象だ。
近年はイギリス以外でも発生するようになっている。

オカルト研究家は「1970年代後半から発生しているミステリーサークルは当初、宇宙船の着陸跡だと言われていました。
しかし、1990年代にイギリスのダグ・バウワー氏とデーブ・チョーリー氏というふたりが、ミステリーサークルは自分たちが作ったと主張し、テレビ番組で実際の製作過程を実演したのです。
そこで一般人の興味は失われました。逆に陰謀論者や科学者は、このふたりが作ったものは雑すぎて違和感があるとして、科学的調査を始めたのです」と言う。

■「ミステリーサークルはエイリアンによるもの」と確信している専門家

ドリュー博士は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス郡パサデナにあるカリフォルニア工科大学で化学の博士号を取得している。
約20年間にわたってミステリーサークルを研究しているドリュー博士は、「エイリアンの隠されたメッセージが込められて いる。
エイリアンは人類とコミュニケーションを取りたがっている。
ただ、残念ながら、人類はその複雑なメッセージを理解できるほど、知的に進化していないのです」と確信している。

「もし人類がイルカと会話をしたいのなら、海に泡の発生器を設置し、泡を出してみるでしょう。
そして、イルカが泡に集まってきたり、泡で遊んだり、泡を調べているのを、我々は観察することになる。
でも、アメリカ大統領はいきなりイルカに対して『あなたたちのリーダーを連れてきてほしい。
条約にサインしてほしい』と言うわけがない。
人類がイルカよりも知的に進化しているのと同様、エイリアンは人類よりも知的に進化している。
つまり、エイリアンが人類に対してミステリーサークルを使ってやっていることも同じようなことなのです」(ドリュー博士)

しかし、イギリス国防省の元UFOデスクオフィサーで、現UFO研究家のニック・ホープ氏は「ミステリーサークルは人間がいたずらで作ったものです。
驚くほど複雑で精密なものもありますが、それはコンピューターでパターンを作り、GPSでナビゲートし、ナイトビジョンのゴーグルを装着した人たちが作っているのです」と指摘している。

no title

https://myjitsu.jp/archives/19562
続きを読む

昏睡中に3906年にタイムスリップした“スイスの未来人”が語る戦慄の人類史とは?「2309年に黄色人種がほぼ全滅」など

1: 2017/04/05(水) 13:16:56.92
一流の科学者や未来学者といえども、数十年先の未来を予想するのが関の山だが、この度なんと、今から2000年後の未来まで網羅した驚愕の「歴史書」が出版され、英語圏で異例の大ヒットを記録していることが明らかになった!

■「未来の年代記」

写真:『Chronicles From The Future: The amazing story of Paul Amadeus Dienach』「Amazon.com」より引用
no title


問題の書籍は『Chronicles From The Future: The amazing story of Paul Amadeus Dienach(未来からの年代記:パウル・アマデウス・ディーナッハの驚くべき話)』。
2016年3月(Kindle版は2015年11月)に英語訳が出版され、米「Amazon.com」のジャンル別ランキングで2位を記録するなど、大きな話題となっている。

著者は、スイス人のパウル・アマデウス・ディーナッハ。
フランス語やドイツ語の教師だったという以外あまり情報がない謎多き人物だ。
彼は生まれつき体が弱く、1921年にこん睡状態に陥ってしまう。
その後1年にわたり意識不明の状態となるが、この時、彼の意識は遥か西暦3906年に住むある男の体内に「意識スライド」していたという。

ディーナッハによると、西暦3906年では「意識スライド」は知られた現象だったため、未来人らは彼を好意的に迎えいれ、21世紀~39世紀までの歴史をディーナッハに語り聞かせたという。
未来での滞在は1年にわたったが、ついに1922年、こん睡状態から目覚めたディーナッハは、彼らから聞いた未来の歴史を日記形式で記録。
これが今日まで伝えられている『未来からの年代記』である。その後もディーナッハの体調は優れず、より良い気候を求めてギリシアやイタリアなどを転々とするが、1924年に結核で亡くなってしまう。
それでは、オルタナティブニュースサイト「EWAO」の記事を参考に、衝撃の未来史を見ていこう。

●2000年~2300年

人類は、人口過剰、栄養失調、環境破壊、経済格差、欠陥のある金融システム、局所的な小規模紛争などの問題をまだ解決できないでいる。
内面的・精神的な成長を求める暇なく、細々とした経済的生き残りに必死になっている。

・2204年
 火星の植民地化が完了。2千万人が移住。

・2205年
 火星で大規模自然災害が発生し、移住者が全滅。以来、人類は火星の植民地化を断念する。

・2309年
 山積する地球規模の未解決問題が限界を迎え、世界大戦に突入。
 現在我々が知る文明のほとんどが消滅し、黄色人種と黒色人種がほぼ全滅する。

・2396年
 大きな変化が起こる。
 科学者、技術者、人道主義者から構成される世界政府が設立され、貨幣が無くなり、全ての資源が全ての人々に再分配されるようになる。
 人口過剰、気候変動、栄養問題、環境破壊といった問題が最終的に解決され、労働時間も徐々に減り、新たな暦が制定される。
 しかし、人々はまだ国家への帰属意識を持っていないため、各国政府は世界政府の専制に数世紀にわたり反対。
 世界市民としての意識を持つようになるのは2~5世紀後のことだという。
 一般的な経済格差はもはや存在しないものの、技術や資産に関する不平等が存在する。
 人々はまだ精神的に発達しておらず、この時代は「暗黒時代」と呼ばれ、西暦3400年まで続く。

・3382年
 人類の脳に劇的な変化が起こる。
 「超視覚」や「超直観」を持つ人々が次々と現れ、「偉大なスピリチュアルの光」や「直接知」にアクセスできるようになり、人類の創造力が飛躍的に向上する。

http://tocana.jp/2017/04/post_12805_entry.html
http://tocana.jp/2017/04/post_12805_entry_2.html

※続きます
続きを読む

不動産屋「こちら2万2千円となっております」 ワイ「お~ええやん」

1: 2017/03/14(火) 06:21:05.17 ID:xvYOTvLz0
ファッ!?
no title

no title
続きを読む

さっき神社行ってきたけど怖すぎワロタ

1: 2017/02/05(日) 04:26:32.19 ID:zyqcf9Bb0
標高50mの丘の上にある神社なんやけど暗くてめちゃくちゃ怖い

木で組んだ簡単な階段を登っていくんだけど周り木だらけやしライト照らしても暗いしほんと怖い
続きを読む

UFOの正体ってなんだと思う?

1: 2017/03/07(火) 17:22:23.14 ID:TAqQHvBQ0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://npn.co.jp/article/detail/05226142/

UFOは昔から地球を監視しているのか? 50年以上前と同じUFOが今も目撃されていた!

異星人が乗ってきて、地球を訪れているとされるUFO。1947年に初めて類似の飛行物体が目撃され「空飛ぶ円盤」と名付けられてから、今年で70年の節目の年を迎える。

 そしてUFOは今日まで地球上から宇宙空間に至るまで、様々な形状のものが目撃されてきている。

 宇宙や大気圏外を飛行するUFOの姿は宇宙ステーションの近くで目撃される事が多い。
これらは宇宙ステーションに設置されたカメラが捉えていたものが多いのだが、映像や動画を公開しているNASAは写り込んでしまったUFOに対して特に公式的な発言を出していない。
都合が悪いためコメントしないのか、正体不明なものに対しては語り得ないと言うのだろうか。

 さて、最新のUFO映像や画像の中には、過去に目撃されたものと非常に似通った特徴を持っているものもある。例えば2001年頃に宇宙ステーションから撮影されたUFOは、黒い歪な形状にやや傾き立った形と非常に特徴的なものとなっている。
だが、このUFOは1967年に目撃され、写真に撮影されたものと全く同じなのだ。

 果たして、これは何を意味するのだろうか。UFOは定期的に地球を訪れているのか、それとも似た物体が映ってしまっただけなのか。海外のUFO研究家らは、今一度最近のUFO目撃証言を検証することで、何かが見えてくるのではないかと述べている。
続きを読む

心霊番組が衰退した理由wwwwww

1: 2017/02/07(火) 02:24:51.52 ID:SEBZ1LQip
続きを読む

住んでるアパートに幽霊出たから管理会社に連絡した件

1: 2016/12/10(土) 15:42:19.293 ID:mEoYKK2P0
いや、スレタイどうりなんだが苦情入れたらすんごいキれられた。
「お化けなんてでたらぶん殴ればいいだろ!俺は見たことねぇよ!」
そんな無茶な・・・
続きを読む

世界一闇が深い事件ってなんや?

1: 2017/02/06(月)22:05:10 ID:0tB
ベビーシッター事件?
続きを読む

予言者ビリー・ジョエルの名曲「マイアミ2017年」の歌詞がヤバすぎる!日本は乗っ取られ、NY破壊で大荒廃か

1: 2017/02/03(金) 22:32:47.34 ID:CAP_USER9
■聖書の予言者の血を引くユダヤ人 ビリー・ジョエル

世界的なエンターテイナーであるビリー・ジョエルは、数々のヒット曲を生み出した天才メロディメーカーである。
ビリーは、1949年5月9日ニューヨーク州サウス・ブロンクスで生を受けた。
彼の祖父や父は、ナチスの脅威から逃れるため、アメリカに亡命したドイツの裕福なユダヤ人。
ビリーは3歳からクラシック・ピアノのレッスンを受け始めるが、その後、ロックンロールに興味を抱くようになる。
14歳から地元ロング・アイランドでバーのピアニストとして働き始めた。

no title


そして、働いていた影響もあってか、出席日数が足らず高校を中退することになる。
ビリーは高校を中退する時、自身に関する予言めいたことを母親に語ったという。

「コロンビア大学には入れなかったけれど、コロムビア・レコードに入るんだ!」

予言通りビリーはその後、コロンビア・レコードと契約。
1973年に発売されたアルバム『ピアノ・マン』がヒットしたことで一気にメジャーになった。
さらにその後、1977年に出したアルバム『ストレンジャー』の爆発的ヒットにより、一躍スターダムにのし上がったのだ。

ちなみに、ビリー・ジョエルの「joel」とは、「聖書の中に登場するヨエル書の予言者ヨエル(joel)」のことであるという。
つまり、ビリー・ジョエルはユダヤ人である上に、何と聖書の予言者の血を引いていた可能性があるのだ!
そんな予言者の末裔であるビリーは、2017年について恐ろしい予言の歌を歌っていたのだ。

■ビリー・ジョエル「マイアミ2017」に示された恐ろしい2017年予言

1976年に出された4枚目のアルバム『TURNSTILES』(改札機という意味)邦題「ニューヨーク物語」がある。
新境地を開拓するつもりで力を込めたビリーのセルフプロデュースアルバムだった。
だが、『TURNSTILES』は商業的には大失敗だったのである。

no title


このアルバムの中に、「マイアミ2017」」(原題:Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway))というビリーの予言とも言うべき歌が収められており、そこでは2017年のニューヨークは、何か壊滅的な出来事(第三次世界大戦、テロ、核兵器……)のため、すっかり荒廃していると歌われているのだ。

●「マイアミ2017」歌詞の内容

「歌い手は、フロリダ州マイアミに暮らしており、過去(2017年?)にニューヨークで起こった悲惨なできごとを回想している。
ブロードウェイの光が消え、エンパイア・ステート・ビルが傾いた。かつてコンサートが行われたブルックリンでは橋が落ち、何者かによって電源を落とされて我々は地下に追いやられた。
それでもショーを続けた。まるでスペインの内戦のようにあちこちで騒ぎが起こった。クイーンズは残り、ブロンクスは爆破され、マンハッタンは海に沈んだ。
富裕層たちは、遠の昔に高級車を買って遠くに脱出した。それは、悪い奴らがメキシコを乗っ取る前の出来事だ。光が消え、ほんの少しの人しか生き残らない。
生き残った人は世界から光が消えた理由を伝え続ける」

この「マイアミ2017」の中にあるニューヨークの象徴である摩天楼「エンパイア・ステート・ビル」が傾くという部分は、2011年9月11日の同時多発テロ事件を彷彿とさせることから、当時も「ビリーの予言」だとして話題になったのだが、問題はここからだ。
なんと、2006年11月30日のビリー・ジョエル日本単独公演で歌われた「マイアミ2017」の歌詞では、「悪い奴らがメキシコを乗っ取る前」の「メキシコ」の部分を「日本」に変えて歌ったというのだ!
これは日本が悪い奴らに乗っ取られるということか!!

■未来人ジョン・タイターと会ったビリー・ジョエル

もうひとつ、ビリーに関するネットのウワサの中に奇妙な話がある。
それは、「2036年から来た未来人ジョン・タイターとビリー・ジョエルは接触していたのではないか?」という説だ。
タイターといえば、2000年にアメリカのインターネット掲示板に降臨し、現代人とネット上でやりとりしたことで有名になった人物。

http://tocana.jp/2017/02/post_12048_entry.html
http://tocana.jp/2017/02/post_12048_entry_2.html

▼つづく
続きを読む
スポンサーリンク

おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク