くちびる速報

くちびる速報とは2chまとめ、及び面白いニュース、心温まるニュースを紹介していくブログです。 古い記事をあげることもあります。

  
  


  
  

国内ニュース

停電で動かなかった東北新幹線、客はホームで宴会を始めて楽しんでてワロタ

1: 2018/06/17(日) 20:17:49.41 ID:FgfmBFBm0 BE:711292139-PLT(13121)
東北新幹線全然動いてなくて、改札口は阿鼻叫喚だけど、ホームは諦めて宴会場になってるの草

no title


 17日午後1時55分ごろ、宮城県内の仙台―古川間を走行中の東北新幹線の車両に一時的な停電が起き、緊急停車した。
停電の原因は不明という。車両点検の影響で東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線は全線不通が続いていたが、午後7時40分に再開した。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6K54Z9L6KUTIL01F.html
続きを読む

【悲報】安倍内閣、消費増税と移民受け入れを閣議決定

1: 2018/06/15(金) 21:56:02.68 ID:11SUktei0
消費増税、年末に経済対策
 
 政府は15日、経済財政運営の指針となる「骨太方針」を閣議決定した。2019年10月に消費税率を10%に引き上げる方針を明記。
増税による景気の腰折れを防ぐため、今年末に経済対策を取りまとめ、19年度予算に盛り込む。
自動車や住宅の減税策も一体的に行い、家計負担を和らげる。少子高齢化を日本経済が直面する最大の課題と位置付け、不足する労働力を補うため外国人を積極的に活用する方針に転換する。

https://this.kiji.is/380291742492378209
続きを読む

【時効まで27時間】10年前の性的暴行容疑で知人宅に隠れていた会社役員の野澤容疑者を逮捕 埼玉

1: 2018/06/14(木) 15:01:37.82 ID:CAP_USER9
06月14日 14時27分

10年前、埼玉県川口市で当時、10代の女性が性的暴行される事件があり、警察は時効がおよそ27時間後に迫った13日夜、37歳の男を逮捕しました。
調べに対し、「記憶にない」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、埼玉県川口市の会社役員、野澤徹容疑者(37)です。
警察によりますと、野澤容疑者は10年前の平成20年6月14日の深夜から15日の未明にかけて、川口市の住宅街で当時10代の女性に「大声を出したら刺すぞ」などと脅したうえで、公園などに連れ込み、性的暴行をした疑いがもたれています。
この事件は15日午前0時に時効を迎える予定でしたが、警察は現場に残された遺留物などから野澤容疑者が関わった疑いがあるとして、指名手配をして捜査を進めていました。
そして、14日夜、川口市内の知人のマンションで野澤容疑者を見つけ、時効がおよそ27時間後に迫った13日午後8時すぎに逮捕しました。
調べに対し、「記憶にない」と供述し、容疑を否認しているということです。
野澤容疑者と女性に面識はなかったということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20180614/1100002501.html
続きを読む

タバコ値上げ520円でワンコイン超えwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 2018/06/12(火) 17:16:47.55 0
喫煙厨ざまあwwwwwwwwwwww
続きを読む

【速報】北朝鮮の非核化費用は日本・韓国負担

1: 2018/06/12(火) 20:56:25.80 ID:bfeeJnGI0
ソースは朝日新聞
続きを読む

【新幹線殺傷】容疑者の母親がコメント発表。「まさに青天の霹靂。自殺することはあっても他殺するなんて」

1: 2018/06/11(月) 18:07:24.36 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011472941000.html

9日、神奈川県内を走行中だった東海道新幹線の車内で乗客が刃物で切りつけられ、
男性1人が死亡し女性2人がけがをした事件で、逮捕された小島一朗容疑者の母親は
11日、報道各社に文書でコメントを出しました。

この中で、母親は殺害された乗客の遺族や被害にあった人たちに謝罪したうえで、
「まさに青天のへきれきで、自殺することはあってもまさか他殺するなんて思いも及びませんでした。
初めて聞いた時はまさかと耳を疑い信じられませんでした」としています。

そして、「家出中も何度か電話で話す機会があり、その時も自殺をほのめかしていました。
『無理やりにでも連れ戻していたら』といまは悔いが残ります」と親として犯行を止められなかったことを
悔いる思いを述べています。

最後に母親は「どちらかといえば正義感があり優しかった一朗が極悪非道な、一生かけても償えない罪を
犯したことに未だに困惑しています。受け入れ難く、やりきれない思いでいっぱいです」として
現実を受け止められない思いをつづっています。
続きを読む

【悲報】新幹線殺人犯(22)「むしゃくしゃしてやった、誰でも良かった」

1: 2018/06/10(日) 02:33:42.69 ID:mjUVM5u8M
 9日午後9時50分ごろ、新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ」車両内で男女3人が死傷した事件で、神奈川県警小田原署は同日、いずれも自称の無職小島一朗容疑者(22)=愛知県岡崎市=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
小島容疑者は「新幹線の中で殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、
調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。署は無差別に犯行に及んだとみて調べている。

署によると、9日午後9時50分ごろ、新幹線の車両内で「刃物で切られた人がいる」とJR東海に連絡があった。車両は小田原駅で臨時停車した。3人が刃物で切られ、男性1人が死亡、いずれも20代の女性2人が重傷を負った。
続きを読む

【新幹線殺傷】容疑者、「自由に生きたい。それが許されないなら死にたい」。今年1月には「旅に出る」と言い残し自宅を出る

1: 2018/06/10(日) 05:18:13.16 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000007-mai-soci

9日夜発生した東海道新幹線3人殺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された愛知県岡崎市の
小島一朗容疑者(22)の祖母によると、小島容疑者は市内の病院の精神科に一時入院し、
「自由に生きたい。それが許されないなら死にたい」などと話していた。今年1月に「旅に出る」
と言って自宅を出ていたという。 
続きを読む

“万引き家族”現行犯逮捕 46歳父親ら4人 圧力鍋など5万4000円相当盗んだ疑い

1: 2018/06/08(金) 15:44:43.23 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
話題の映画さながらの事件が実際に起きました。

福岡市に住む家族ら4人が佐賀市内の商業施設で万引きしたとして現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは福岡市城南区に住む金子陽一容疑者(46)と長男の直希容疑者(24)、長女(28)、同居している陽一容疑者の元妻(46)、のあわせて4人です。

警察によりますと4人は、今月5日午後1時15分ごろ、佐賀市内の大型商業施設内で、圧力鍋や台所用マットなど4点、あわせておよそ5万4000円相当を万引きした疑いです。

この商業施設では5月にも高級調理器具が盗まれる事件があり、警察の調べで容疑者4人が浮上。

今回の犯行当日、店内で張り込んでいた警察官が4人を現行犯逮捕しました。

今回の事件では、父親と長男が店内で商品を万引きする実行役で、元妻と長女は盗んだ商品を運ぶため施設の駐車場に止めた車の中で待機していたとみられています。

警察の調べに対し、父親の陽一容疑者は「息子と2人で万引きした」と供述する一方で「元妻と娘は関係ない」と容疑を一部否認しています。

警察は、4人は万引きした商品を売って生計を立てていたとみて調べています。

福岡市の“万引き家族”現行犯逮捕 46歳父親ら4人 圧力鍋など5万4000円相当盗んだ疑い|ニュース・天気|TNC テレビ西日本
http://www.tnc.co.jp/sp/news/articles/NID2018060802061
続きを読む

【悲報】ドンファンの嫁がテレビに初告白「私じゃない。家のセキュリティが甘いから外部犯かも」

1: 2018/06/08(金) 18:15:03.97 ID:D4d4thJS0
なお自宅周辺には8台の監視カメラがあるもよう
続きを読む

【「紀州のドンファン」怪死】野崎さん「愛犬に遺産相続するわ」 ⇒ 犬急死 「嫁さんより新しい彼女のほうがいいな」 ⇒ 本人急死

1: 2018/06/07(木) 13:38:57.00 ID:CAP_USER9
◆「紀州のドン・ファン」の怪死直前、夫妻の間で別れ話 野崎さん死因は急性覚せい剤中毒

「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の実業家・野崎幸助さん(77)の「怪死」をめぐり、和歌山県警は6日、その死因を「急性覚せい剤中毒」と発表。
だが、野崎さんは覚せい剤を常用していた形跡はなく、遺体の解剖からも注射痕なども見当らなかったため、「口から多量の覚せい剤を摂取し、死亡。つまり事件の可能性が高い」(捜査関係者)とも言及した。

そして55歳年下の野崎さんの妻、Sさん(22)は今朝、別宅のある東京から飛行機で和歌山県田辺市の自宅に帰宅。
詰めかけた報道陣にマイクを向けられたが、無言を貫いたまま、車に乗り込んだ。

和歌山県警は6月3日夜、東京にあるSさんの別宅や野崎家の家政婦の東京宅を「被疑者不詳の殺人容疑」で家宅捜索。
捜索に立ち会うため、Sさんはしばらく東京にいたという。

しかし、和歌山県警から再度の事情聴取の要請があり、田辺市に戻ったという。
野崎さんの親族がこう言う。

「警察から、何回もSさんのことは聞かれました。
通夜、葬儀でも大きなマスクにサングラス姿で、来ている親族にもきちんと亡くなった時のことを説明もしない。
スマホばかりいじって、喪主という自覚もない。『あんた、何やってんだ』と声を荒げた親族もいました。
そして、葬儀翌日には東京に帰りたいと言い出した」

そして地元の和歌山で本誌は驚くべき新証言を得た。
野崎さんと妻、Sさんが最近、別れる、別れないでもめていたことを従業員らが目撃していたのだ。

「最初、Sさんは2月に行う予定だった結婚式をするのは、格好悪いとか言い始め、『するなら別れる』と言い出した。
結婚式はとりやめ、社長が月100万円の小遣いやるからとなだめ、元のさやに納まったが、Sさんはモデルの仕事があると東京に戻っては数日、和歌山に滞在し、また戻るという生活を繰り返していた。
すると、社長に今度は別の彼女ができたんです。
『Sさんより、新しい彼女の方がいいな』と言い出し、別れようかどうか考えはじめていた。そんな時に、急死したのです」(従業員)

Sさんは北海道出身で地元の専門学校を卒業後、上京。
映画に出演したり、モデル業などをしていた時、羽田空港で野崎さんと運命的な出会いをし、電撃結婚していた。

そして、捜査当局が注目しているのは、野崎さんが死亡する18日前の5月6日に愛犬の「イブちゃん」も怪死を遂げたこと。
野崎さんは、「愛犬に遺産相続させたい」と公言するほど溺愛していた。

前出の会社の従業員がこういう。
「愛犬も急死でした。夜に苦しみ出し、大阪まで病院に行く途中、もがきながら亡くなったと社長は言っていた。
警察からも愛犬の死について、聞かれました。そっちも調べなければと警察も言っていた。
どうも、警察は社長の自宅の庭の奥手に埋葬した愛犬を近く掘り出して押収するようです」

さらには野崎さんの死亡推定時刻も不可解なことがあるという。
実は妻のSさんらは地元新聞に野崎さんの通夜、葬儀の告知を次のように出している。

《五月二十四日 午後九時零分頃 七十八歳を以て急逝しました……》

「午後8時過ぎに動かなくなったと幸助の寝室で妻のSさんと家政婦が大騒ぎをしたそうだ。
なぜ午後9時ちょうどに亡くなったと言い切れるのか。不思議そうに警察もしていた」(前出、野崎さんの親族)

紀州のドン・ファンの怪死事件のミステリーが氷解する日はくるのか……。
(本誌取材班)

週刊朝日 2018.6.6 17:45
https://dot.asahi.com/wa/2018060600054.html?page=1
続きを読む

【目黒5歳女児虐待死】死亡の5歳女児、ノートに「もっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるして」 両親再逮捕

1: 2018/06/06(水) 15:58:04.82 ID:CAP_USER9
 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。2人とも容疑を認めているという。

 捜査1課によると、2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置。3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。

 雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。

 結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代の平均の約20キロを下回る12・2キロだった。部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。

 都や一家が以前住んでいた香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護された。2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したが、県は一時保護の必要はないと判断していた。

 一家は今年1月に目黒区に転居。県の児相から引き継ぎを受けた品川児相が2月9日に家庭訪問していたが、優里容疑者とは会えたものの、結愛ちゃんには会えなかったという。

 雄大容疑者については、結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして香川県警が昨年2月と5月に傷害容疑で書類送検していたが、いずれも不起訴になっている。

朝日新聞デジタル 2018年6月6日11時58分
https://www.asahi.com/articles/ASL663D72L66UTIL00H.html

-------------------------------------------------
<目黒虐待死 逮捕の父、被害女児に毎日午前4時に起床させ「反省文」強要>

■「しっかりするから、もうおねがい ゆるして」

 東京都目黒区で3月に船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が父親から殴られた後に死亡した事件。警視庁捜査1課によると、結愛ちゃんは毎日午前4時前に1人で目覚まし時計を使って起きて「反省文」を書かされていた。従わなければ父親の雄大容疑者(33)に暴力を振るわれたという。反省文は大学ノートに鉛筆で書かれ、死亡する10日ほど前の2月20日ごろまで続いていた。

■反省文の内容

 ママとパパにいわれなくってもしっかりとじぶんからもっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

 ほんとうにおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおす これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだから やめるから もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

毎日新聞 2018年6月6日 12時17分(最終更新 6月6日 12時26分)
http://mainichi.jp/articles/20180606/k00/00e/040/299000c
続きを読む
おすすめ記事
最新記事
アクセスランキング

ニュース全般 ブログランキングへ
スポンサーリンク
おすすめアプリ
くちびる速報をまとめサイトリーダーで読むことが出来ます!
最新コメント
記事検索
いつもお世話になっています
花さん、ネタ提供ありがとうございます(^o^)



ゆう犬さんトップ画、アイコン提供ありがとうございます(^^♪
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 累計:

スポンサーリンク